3/6が水星逆行開始、3/7は新月。相場変化に注意が必要なアストロジー的重要日が続く
▼シェア&フォローする▼

先日の記事で申し上げた通り、本日3/6から水星の逆行がスタート。
そして、翌日3/7は新月など、相場変化に注意が必要なアストロジー的重要日が続きます。

アストロロジーは統計学の一種であり、この情報を意識し投資を行う投資家が一定量存在するため、相場の方向性が新月・満月前後に逆転・加速することがよくあります。注意をするに越したことはありません。

3/6から水星の逆行期間がスタート

以下の記事に詳細に説明しました。無理な売買をしないためにも、水星逆行期間を抑えておきましょう。

3/7の深夜に新月

2019年03月07日(木)01:05が新月タイム。まさに、水星の逆行のスタートと同時に、新月も迎えるといった状況です。

月と心理:何故、相場と月のサイクルが関係する?

「ナルティック(狂気)」という言葉は、ラテン語の月(ルナ)が語源です。昔から月は、人の頭をおかしくすると言われます。満月で返信してしまうオオカミ男もその典型です。

そもそも、月の引力は「満潮時」「干潮時」で数メートルの海面差を生じさせます。これだけの力が地球にかかっているわけですから、人間の心理や身体にも影響があっても不思議はありません。

人間の精神状態が変化すれば、市場が急変・加速しやすくなるというのも、個人的には納得できます。

月と人体:ダイエットにも影響

月の人体と言えば、女性の生理を「月のもの」と言ったりしますが、月は体への影響もあるとされています。
新月ではありませんが、海では、満月の夜にサンゴが産卵をこともよく知られていますね。海水面を数メートル持ち上げる力が地球上の生物に生育に影響を与えても何ら不思議はありません。

実は、人の場合、ダイエットのしやすさにも関係をしており、以下のような新月⇒満月、満月⇒新月で以下のような体への影響があるとされています。

・新月⇒満月の期間:「吸収力」が増加
・満月⇒新月の期間:「排泄力」や「解毒力」が増加

つまり、3/7から始まる約半月は、栄養が吸収されやすく太りやすくなります。

1.満月→新月の期間:痩せやすい。ダイエットの成果が出やすい
2.新月→満月の期間:痩せにくい。食べ過ぎに要注意

これから、食べ過ぎに注意が必要な期間です。意識しておきましょう。

月ダイエットに役立つ本

サイクル論に関する関連本を紹介

サイクル理論の勉強に役立つ本