国民年金保険料「2年前納」で1.5万円割引。高還元率クレカでさらに安くする方法。一括納付期日は4月末
▼シェア&フォローする▼

国民年金保険料の「2年前納」制度
2年度分の保険料をまとめて納めると、毎月納付する場合に比べ、2年間で15,000円程度の割引になります。

平成29年4月からは、口座振替に加え、現金・クレジットカード納付による2年前納が可能になり益々便利に。2年間分を一括クレカ払いすれば高額ポイントもたまります。

今回は、国民年金の2年前納×クレジットカード決済の選択で、さらにどれだけお得になるか解説。また、一括納付はしない方のために、毎月支払う場合に2%お得に納付する方法についても紹介します。こちらのリンクでクイックアクセスできます。

追記(2020年4月4日):
4月で一括納付期日の1ヵ月前になったので「納付通知書」が届きました。

3ヵ月無料申込は【6/16まで延長!】
在宅ワーク音楽♪は相性が良い。
未体験なら、仕事のバックグラウンドミュージックに
事前に解約方法を知りたい場合はこちら

国民年金保険料「2年前納」の割引額:令和2年度、令和3年度

国民年金保険料の2年前納の割引額は、支払い方法によって若干異なります。
まずは、基本となる国民年金保険料(月額)より確認していきましょう。

基本となる毎月の国民年金保険料は?

国民年金の保険料は、年によって変動します。下記の通り、徐々に上昇しています。

令和元年保険料:16,410円/月 ※済
令和2年保険料:16,540円/月
令和3年保険料:16,610円/月

参考HP 国民年金機構:国民年金保険料の変遷

つまり、国民年金保険料を月額で支払う場合、合計額は以下のようになります。

毎月、国民年金保険料を支払った場合の総額

(令和2年度保険料16,540円×12カ月)+(令和3年度保険料16,610円×12カ月)=397,800円

国民年金を前納で安くする方法 ~いくら安くなるか?

国民年金の前納には、「6ヵ月前納」、「1年前納」、「2年前納」があります。前払い期間が長いほど、割引率が大きくなります。

また、支払い方法には、「口座振替」、「現金・クレジットカード納付」があり、それぞれ支払額が異なります。

上記、「前納期間」「支払方法」別に割引額をまとめると以下のようになります。

支払方法6ヵ月前納1年前納2年前納
振替日4・10月末4月末4月末
口座振替98,110円
(1,130円)
194,320円
(4,160円)
381,960円
(15,840円)
現金
クレジットカード
98,430円
(810円)
194,960円
(3,520円)
383,210円
(14,590円)
毎月の国民年金保険料は2年前納で安くなる
毎月の国民年金保険料は2年前納で安くなる

国民年金を前納でさらに安くする方法:クレジットカード払い

上記結果を見ると、「2年前納×口座振替」が最も国民年金支払額の総額が安くなります。

しかし、クレジットカードの場合、ポイントが付きます。そのため、“高還元率”のクレジットカードであれば、口座振替よりも実質的な支払額を安くすることが可能です。以下で具体的なクレジットカードでいくら安くなるか見てきましょう。

  VS  
「口座振替」と「クレジットカード払い」は、クレカ払いが安い!

国民年金をクレジットカードで払うメリット

それでは、クレジットカードで国民年金を支払う場合のメリットを見ていきましょう。支払額以外にも以下のようなメリットがあります。

国民年金をクレジットカードで支払うメリット

・ポイントが貯まる(実質的な支払額が安くなる)
・コンビニ、銀行などで支払いを行う必要がない
・実質的な支払いを先延ばしにできる

国民年金の2年前納×高還元率クレカ払いでいくら安くなるか

それでは、年会費無料で利便性が高いクレジットカードで、いくら得になるか見てきましょう。
ここで、以下のクレジットカードで国民年金保険料を支払うとしましょう。

年会費無料で高還元率なクレジットカード

①年会費無料×還元率1.25%のクレジットカード:REXカード
②年会費無料×還元率1.2%のクレジットカード:リクルートカード
③年会費無料×還元率1.0%のクレジットカード:楽天カードdカード

REXカード(レックスカード)
リクルートカード

この場合、クレカ払いの2年前納額は383,210円ですから、クレカ割引とクレカポイント還元を足した合計割引額は以下のようになります。

クレカ払いでいくらお得になる?

②還元率1.25%クレカ:
 14,590円+383,210円×1.25%19,380円 ➡ 口振より3,540円お得
②還元率1.2%クレカ:
 14,590円+383,210円×1.2%19,189円 ➡ 口振より3,339円お得
③還元率1.0%クレカ:
 14,590円+383,210円×1.0%18,422円 ➡ 口振より2,582円お得
 
※口座振替:15,840円

簡単な手続きで、クレジットカード払いの方が安くなることがご理解いただけたと思います。

「2年前納×クレジットカード払い」への変更手続きは2月末まで

「2年前納×クレジットカード払い」にするためには、手続きが必要です。

納付変更手続きの方法

「2年前納×クレジットカード払い」にするためには、2月末までに「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入の上、年金事務所(郵送も可)へご提出する必要があります。提出書類は以下よりダウンロードできます。

参考HP 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書(PDF)

クレカ払いの支払い期日は4月末

国民年金保険料の支払いは4月末(カレンダーによって5月頭)です。

国民年金のクレカ払いの支払い期日は4月末
国民年金のクレカ払いの支払い期日は4月末

納付期日の約1ヵ月前に、「国民年金保険料クレジットカード納付額通知書」が届きます。私の場合4月3日に届きました。
金額が2年前納で383,210円。4月末に引落ですが、改めて、一括引落にすると、なかなかインパクトのある金額ですね…

国民年金保険料クレジットカード納付額通知書

高還元率カードを所有しよう

せっかくクレジットカード納付にしても、ポイント還元率が低いクレジットカードに変更しては意味がありません。

国民年金払いに限らず、高還元率カードへの変更は、今後進むキャッシュレス社会では必須です。
まず、高還元率クレジットカードを持っていない方は、今すぐ、以下のカードを用意しましょう。

下記カードであれば、年会費が不要なので気軽に申し込むことができます。
カード磁気トラブルなどの備えのため、以下の中から、複数枚のクレカを保有することをおススメします。

内容REXカードリクルートカード楽天カードdカード
還元率1.25%1.2%1.0%1.0%
提携ポイントなし(Jデポポイント分請求額から割引)Pontaポイント楽天ポイントdポイント
特徴・カカクコムが運営の業界最高水準クレカ
・海外旅行保険の補償内容にも強み
・ポイント還元率が最高クラス
・リクルート系のサービスで高いポイント!
・楽天のお買い物で使える
・ポイントでふるさと納税支払いも可能
・コンビニなど、加盟店でのポイント還元率が高い!
・只今、コンビニでのd払いで+10%還元キャンペーン
紹介リクルートカード

国民年金保険料の前納が難しい場合:nanacoで2%引きで払う

ここままでは、国民年金保険料の前納で支払い料金を安くする方法について述べてきましたが、中には様々な事情により、前納が難しい方もいらっしゃるでしょう。

まとめて前納が難しいは、国民年金保険料をnanaco払いで安くする方法があります。
nanacoギフトを割引料金で買うことで支払額を安くすることができます。

nanacoギフトを安く買う方法などは以下のページで詳細解説しているので、ご確認ください。

最後に

今回は、国民年金の2年前納×クレジットカード決済でどれだけ安くなるか、解説しました。

税金や社会保障費用・年金などを安するのは少し手続きが必要ですがですが、死ぬまで払わなければならないのが税金です。仮に、年2万円でも、10年なら20年、50年なら100万円と大変高額になります。

難しい対応ではありませんので、是非、お得な支払いを実行しましょう。