国民年金保険料「2年前納」で1.5万円割引。高還元率クレカでさらに安くする方法。一括納付期日は4月末
▼シェア&フォローする▼

国民年金保険料の「2年前納」制度
2年度分の保険料をまとめて納めると、毎月納付する場合に比べ、2年間で15,000円程度の割引になります。

平成29年4月からは、口座振替に加え、現金・クレジットカード納付による2年前納が可能になり益々便利に。2年間分を一括クレカ払いすれば高額ポイントもたまります。

今回は、国民年金の2年前納×クレジットカード決済の選択で、さらにどれだけお得になるか解説。また、一括納付はしない方のために、毎月支払う場合に2%お得に納付する方法についても紹介します。こちらのリンクでクイックアクセスできます。

追記(2020年4月4日):
4月で一括納付期日の1ヵ月前になったので「納付通知書」が届きました。

国民年金保険料「2年前納」の割引額:令和2年度、令和3年度

国民年金保険料の2年前納の割引額は、支払い方法によって若干異なります。
まずは、基本となる国民年金保険料(月額)より確認していきましょう。

基本となる毎月の国民年金保険料は?

国民年金の保険料は、年によって変動します。下記の通り、徐々に上昇しています。

令和元年保険料:16,410円/月 ※済
令和2年保険料:16,540円/月
令和3年保険料:16,610円/月

参考HP 国民年金機構:国民年金保険料の変遷

つまり、国民年金保険料を月額で支払う場合、合計額は以下のようになります。

毎月、国民年金保険料を支払った場合の総額

(令和2年度保険料16,540円×12カ月)+(令和3年度保険料16,610円×12カ月)=397,800円

国民年金を前納で安くする方法 ~いくら安くなるか?

国民年金の前納には、「6ヵ月前納」、「1年前納」、「2年前納」があります。前払い期間が長いほど、割引率が大きくなります。

また、支払い方法には、「口座振替」、「現金・クレジットカード納付」があり、それぞれ支払額が異なります。

上記、「前納期間」「支払方法」別に割引額をまとめると以下のようになります。

支払方法6ヵ月前納1年前納2年前納
振替日4・10月末4月末4月末
口座振替98,110円
(1,130円)
194,320円
(4,160円)
381,960円
(15,840円)
現金
クレジットカード
98,430円
(810円)
194,960円
(3,520円)
383,210円
(14,590円)
毎月の国民年金保険料は2年前納で安くなる
毎月の国民年金保険料は2年前納で安くなる

国民年金を前納でさらに安くする方法:クレジットカード払い

上記結果を見ると、「2年前納×口座振替」が最も国民年金支払額の総額が安くなります。

しかし、クレジットカードの場合、ポイントが付きます。そのため、“高還元率”のクレジットカードであれば、口座振替よりも実質的な支払額を安くすることが可能です。以下で具体的なクレジットカードでいくら安くなるか見てきましょう。

  VS  
「口座振替」と「クレジットカード払い」は、クレカ払いが安い!

国民年金をクレジットカードで払うメリット

それでは、クレジットカードで国民年金を支払う場合のメリットを見ていきましょう。支払額以外にも以下のようなメリットがあります。

国民年金をクレジットカードで支払うメリット

・ポイントが貯まる(実質的な支払額が安くなる)
・コンビニ、銀行などで支払いを行う必要がない
・実質的な支払いを先延ばしにできる

公金・社保払いにおすすめのクレジットカードは「リクルートカード」

私が、国民年金保険料の支払いとしておすすめできるのは、年会費無料×還元率1.2%リクルートカード、1択です。

リクルートカード

理由は2点あります。

理由1:公金払いサイト利用による支払手数料加算

クレジットカード払いは、Yahoo!の公金払いを利用して支払いができます(自治体のクレカ払い対応状況による)。ただし、納付金額の10,000円を超える部分に対して、10,000円ごとに110円(税込)された支払いが必要となります。

そのため、還元率が1.0%より大きいクレジットカードでないと、実質的にポイント付与で「お得」になりません。

理由2:税金・社保のポイント付与対象外

年会費無料×高還元率なクレジットカードでNo.1は「LINEカード」です。
しかし、LINEカードの場合、国民年期保険料支払いはポイント付与対象外となっています。

また、還元率1%の「楽天カード」も、2021年6月ご利用分より、国民年金保険料をはじめとする税金・公金関連支払いは「500円ご利用につき1ポイント進呈」に改悪されました。

国民年金の2年前納×高還元率クレカ払いでいくら安くなるか

それでは、年会費無料で利便性が高いリクルートカード払いで、いくら得になるか見てきましょう。
この場合、クレカ払いの2年前納額は383,210円ですから、現金払いと比較して、以下の金額がお得になります。

2年前納(クレカ払い)でいくら得するか?

2年前納支払合計額: 383,210+Yahoo!公金払い利用加算4,180円=387,390円
ポイント還元額:387,390 ×1.2%4 = 4,648円

現金払いと比較して、お得になる金額
14,590円+(4,648 – 4,180)= 15,958円

上記お得額は、2年前納(口座振替)の場合よりもお得です。

「2年前納×クレジットカード払い」への変更手続きは2月末まで

「2年前納×クレジットカード払い」にするためには、手続きが必要です。

納付変更手続きの方法

「2年前納×クレジットカード払い」にするためには、2月末までに「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入の上、年金事務所(郵送も可)へご提出する必要があります。提出書類は以下よりダウンロードできます。

参考HP 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書(PDF)

クレカ払いの支払い期日は4月末

国民年金保険料の支払いは4月末(カレンダーによって5月頭)です。

国民年金のクレカ払いの支払い期日は4月末
国民年金のクレカ払いの支払い期日は4月末

納付期日の約1ヵ月前に、「国民年金保険料クレジットカード納付額通知書」が届きます。私の場合4月3日に届きました。
金額が2年前納で383,210円。4月末に引落ですが、改めて、一括引落にすると、なかなかインパクトのある金額ですね…

国民年金保険料クレジットカード納付額通知書

高還元率カードへ切り替えよう

高還元率カードを持っていない方は、メインカードの見直しが必要です。
以下の記事で、2021年5月以降のお得なクレジットカードについて解説しています。

コツコツですが、この積み重ねが大きな支払額の差につながります。

最後に

今回は、国民年金の2年前納×クレジットカード決済でどれだけ安くなるか、解説しました。

税金や社会保障費用・年金などを安するのは少し手続きが必要ですがですが、死ぬまで払わなければならないのが税金です。仮に、年2万円でも、10年なら20年、50年なら100万円と大変高額になります。

難しい対応ではありませんので、是非、お得な支払いを実行しましょう。