高金利通貨のトルコリラ円、2019年の相場はどうなる?見通しを考えるためにチャート分析をしてみた

昨年2018年夏に断末魔の叫びが聞こえるひどい相場となったトルコリラ。ロスカットの嵐となりました。

その後、2018年末に向けて大底から上昇してきたトルコリラですが、現在はどのような状況でしょうか。
トルコリラチャート、売買動向からみるポジションの積み上がり推移などを確認してみました。

トルコリラ円、チャート分析:日足チャート

以下は、トルコリラ円の日足チャートです。

トルコリラ円日足チャート2019年

トルコリラ円は8月13日に起きた暴落相場トルコショックで15.57円を付けて以降、着実に上昇してきましたが、11月末に上昇がストップ。22円を付けて以降、現在、20円を割り込む水準。
2019年1月3日には、ドル円のフラッシュクラッシュから、大きく下落し、18円台まで下げましたが、現在は、一目均衡表の雲の下限で踏みとどまろうと、何とか耐えている状況です。

chami個人は、しばらくはドル円に振らされる状況が続くとみています。
ドル円が上がれば上昇するし、ドル円が下落すればトルコリラ円も下落となるのではないかと見通しています。

トルコリラ円、チャート分析:週足チャート

以下は、トルコリラ円の週足チャートです。

トルコリラ円週足チャート

長期チャートで見てみると、あまりに長期な下落が続いていたことがわかりますね。前回の高値は2014年12月で54円。それに対して今は20円。半分以下ですね。。。

トルコリラ円、2018年後半は大底から着実に買いポジションを積み上げ

FX取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所が毎週火曜日に更新するくりっく365為替売買動向から、ポジションの積み上がり状況を確認した結果が以下のグラフです。
くりっく365為替売買動向とは、毎週火曜日に前週火曜日取引終了時のデータを集計した売買動向データです。ドル円をはじめとする各種通貨の「買いポジション」「売りポジション」が公表されています。

トルコリラ円 売買動向推移(買いポジ、売りポジの推移)

今週発表されたデータは、2018年12月25日までの集計データです。2018年末までの結果です。
これを見ると、昨年後半は着実に、高金利通貨のスワップ投資をすべく、「買いポジション」が積みあがってきたことがわかりますね。

ただ、直近ではピークアウトしたように見え、ここからは注意が必要そうですね。

トルコリラのスワップポイントUPでおいしい金利収入

現在、トルコリラ円のスワップポイントが非常にUPしています。
好条件なFX会社では110円台に乗せており、長期でじっくり持つには非常にうれしい金利水準となっています。

スワップ金利115円なら、実質金利はなんと20%!!
しばらく市場が低迷しても、スワップ金利を狙いたいというなら、非常に魅力のある金利です!

スワップ金利115円の場合
必要証拠金 (A):1万通貨×21円=210,000円
1年間の金利(B):115円×365日=41,975円
実質金利  (C):(B)/(A)=19.998%

最高金利水準でトルコリラのスワップポイントはいくらついているのか?

※スワップは約1週間の平均で算出しています。

会社名 スワップ
金利
スプレッド 最小
取引数量
備考
トレイダーズ証券「みんなのFX」 115円 1.8銭 1000通貨 スワップ金利で選ぶならここ!
マネーパートナーズFXnano 95円 3.8銭 100通貨 100通貨から取引が可能
セントラル短資FX 90円 2.5銭 1000万通貨
SBI FXTRADE 92円 4.8銭 1通貨 資金が少ない場合はココ!
ヒロセ通商 84円 1.9銭 1000通貨
GMOクリック証券 72円 1.9銭 1万通貨 FX取引高5年連続世界1位!
トレイダーズ証券 みんなのFX
SBIFXトレード