「月の土地」は購入できる。不動産価格・価値は?どこで買う?
▼シェア&フォローする▼

ZOZOの前澤社長は月旅行を計画されていますが、一般人には、まだまだ月旅行は難しいお話。

さてもう一つ、面白いお話として、「月の土地」が購入できることをご存知でしょうか?
実は、不動産の権利を購入することができ、大事な人へのプレゼントとして利用されていたりします。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

月の土地は不動産屋にて販売されている

月には誰にも所有権がないように思いますが、実は、月の土地は販売されてます。

月の土地を販売しているのは、米国 アメリカルナエンバシー社です。

購入可能な「月の土地権利書」

上記は、購入が可能な「月の土地権利書/月の地図/月の憲法の3セット」です。
購入すると、上記にプラスし、月の土地権利書/(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)・土地所有権の宣言書コピー(英文)・オリジナル封筒で届きます。

月の土地の権利って売買可能なの?

アメリカルナエンバシー社のデニス・ホープ氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べたところ、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことを見出したそうです。

この宇宙条約では、国家が月を所有することを禁止していましたが、個人が所有してはならいということは言及されていなかったのだとか。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えたデニス氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭。所有権の申し立てを行い、正式に受理されました。

また、デニス氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しても異議申し立て等がなかったため、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

大切な人に月の土地を贈ろう

月旅行の代わりに「月の土地」のプレゼント

大金持ちでもなければ月旅行は無理。
しかし、いつか、月に行ける日を楽しみに、大事な人に「月の土地のギフトカード」をプレゼントという、サプライズが喜ばれているようです。

例えば、以下のようなシーンで利用されています。

例)月の土地ギフト、クリスマスバージョン

以下はクリスマスバージョン。誕生日プレゼントバージョン、ウェディングのお祝いバージョンなどもあります。

月の土地 クリスマスギフト

最後に

月の土地とは、ちょっとサプライズなプレゼントですね。
ロマンチックでもあり月を眺めるのが楽しみになりそうですね(笑)
興味のある方は、サイトを確認してみてください。

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

コメントを残す