本日は満月。ZOZOの前澤社長は月旅行を計画してるけど、「月の土地」ってプレゼントできるの知ってた?

2018年11月23日は満月。満月前後は相場つきが変化することは多々あるので、注意が必要です。

相場チャートも気になるけど、たまには美しい月を眺めてみるのも、心を静めるにいいものです。

ところで、ZOZOの前澤社長は月に行くけど、「月の土地」って大事は人にプレゼントできるって知ってた?
その他、ちょっとムードある月のインテリアも紹介します。

月の土地は不動産屋にて販売されている

月には誰にも所有権がないように思いますが、実は、月の土地は販売されてます。

月の土地を販売しているのは、米国 アメリカルナエンバシー社です。

月の土地の権利はどうやって取得できる?

アメリカルナエンバシー社のデニス・ホープ氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べたところ、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことを見出したそうです。

この宇宙条約では、国家が月を所有することを禁止していましたが、個人が所有してはならいということは言及されていなかったのだとか。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えたデニス氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭。所有権の申し立てを行い、正式に受理されました。

また、デニス氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しても異議申し立て等がなかったため、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始したそうです。

月旅行の代わりに月の土地をプレゼントしてみては?

大金持ちでもなければ月旅行は無理。
しかし、いつか、月に行ける日を楽しみに、大事な人に月の土地をプレゼントする手はあるかも。

月の土地は不動産売買のように「権利書」が発行されますが、以下の3つのギフトカードとして販売されています。
・月の土地
・月の土地 カードセット
・月の土地 カード付ファイルセット

大切な方の誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント、結婚のお祝いや引き出物などにも利用されているそうです。

誕生日プレゼントに≪月の土地≫スペシャルギフト

月の土地ギフト、クリスマスバージョン

以下はクリスマスバージョン。誕生日プレゼント、ギフトカード版などもあります。

月の土地 クリスマスギフト

月の土地とは、ちょっとサプライズなプレゼントですね。
ロマンチックでもあり月を眺めるのが楽しみになりそうですね(笑)
興味のある方は、サイトを確認してみてください。

手軽な月のプレゼント

月のランプは愛が満ちているプレゼントです。
素敵な音楽と共に、月のライトでロマンティックな時間を過ごしてみてはいかが?

月のランプ タッチスイッチ オシャレ ベッドサイドランプ
価格:¥ 2,900

・タッチスイッチを通じて白い光と黄色い光に転換可能
・3D印刷技術で高度的に月の表面を再現
・USB充電
・サイズは9cm, 12cm, 15cm, 18cmの4ライプあり

匠の誠品 ペンダントライト天井証明 3食切り替え(8畳用) 
価格:¥ 13,824

・LED電球
・3色切り替え対応 電球色 昼白色 昼光色
・3D印刷技術で高度的に月の表面を再現
・4.5畳、6畳、8畳、10畳、12畳の5つのサイズあり