2018年人気大ヒット"ドライブレコーダー"もふるさと納税で。収入目安は年収350万円以上

いま、人気のカー用品といえば「ドライブレコーダー」
愛車に取り付けることで映像と音声を記録してくれるドライブレコーダーは、事故の際に確かな証拠能力を発揮してくれます。

家族・愛車を守るためにぜひとも搭載したいドライブレコーダーですが、お金もかかるしと購入をためらっているなら、ふるさと納税でドライブレコーダーを手に入れてはどうでしょうか?

ふるさと納税で手に入れられるドライブレコーダーとその年収目安を紹介します。

ドライブレコーダーは2018年日経トレンディベスト30の2位に輝く人気の品

2018年、最も注目を浴びた商品・サービスの一つであるドライブレコーダー。

平成最後の年のヒット商品・ブームは何だったかをランキング形式で振り返える、毎年恒例の2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30でも、第2位にランキングされました。

ドライブレコーダー、ヒットの理由・背景

2018年ヒットの理由は、今年6月に発生した「東名高速あおり運転事故」。
事故報道後、「走る防犯カメラ」に事故抑止を期待した人が殺到。映像の証拠能力、状況再現性の高さやに注目が集まり、1年間で前年の約2倍となる346万台を出荷するほど、爆発的な人気を得ています。

ドライバー、同乗者、そして愛車を守るアイテムとして、痛くない出費と考えた方が多かったようです。

ふるさと納税でも手に入る、ドライブレコーダー

家族を守るためにドライブレコーダーは欲しいけど、購入をためらっているならふるさと納税で手に入れてみてはいかがでしょうか?
数は少ないですが、ふるさと納税サイトの「ふるなび」で、以下のドライブレコーダーが返礼品として紹介されています。

なお、ふるなびで申し込むとふるさと納税額に対して1%のAmazonギフト券が追加でもらえるのでお得だよ。

オウルテック:高性能ドライブレコーダーOWL-DR04-BK

オウルテック:高性能ドライブレコーダーOWL-DR04-BK
雑誌月間MONOQLOのベストバイ2017ドライブレコーダー部門で第1位を獲得!

出品自治体   :神奈川県海老名市
寄付額     :32,000円
Amazonギフト券:寄付額の1% 320円分 ※ふるなび特典
目安となる収入 :以下の方なら実質2,000円でGetできます(目安)
         独身または共働き:350万円以上
         夫婦または共働き+子供一人(高校生):950万円以上

商品特徴:
・12/24V対応 超広角レンズ採用
・プライバシーオート録音機能搭載
・超小型のコンパクトボディに広角の156°レンズを採用。広い視野の映像を記録
・広角の156°レンズで対向車や側道から出てくる車両もしっかり撮影可能

オウルテック:ドライブレコーダーOWL-DR06-BK

オウルテック:ドライブレコーダーOWL-DR06-BK
進化したスーパーHD録画


出品自治体   :神奈川県海老名市
寄付額     :43,000円
Amazonギフト券:寄付額の1% 430円分 ※ふるなび特典
目安となる収入 :以下の方なら実質2,000円でGetできます(目安)
         独身または共働き:425万円以上
         夫婦または共働き+子供一人(高校生):475万円以上

商品特徴:
・超高画質なスーパーHD (2304×1296p) 27.5fpsの解像度
・綺麗で滑らかに録画
・F1.8の明るいレンズで夜間でも明るく録画
・GPS搭載により万が一の事故でも、場所の特定。日付・時刻も自動設定
・G(加速度)センサー搭載で事故の衝撃を検出して自動で映像を保存

KAIHOU:7インチワンセグ ドライブレコーダーナビ TNK-744DRT

KAIHOU:7インチワンセグ ドライブレコーダーナビ TNK-744DRT
静電容量式タッチパネル、ウォーキングナビ機能付き

出品自治体   :岐阜県七宗町
寄付額     :44,000円
Amazonギフト券:寄付額の1% 430円分 ※ふるなび特典
目安となる収入 :以下の方なら実質2,000円でGetできます(目安)
         独身または共働き:425万円以上
         夫婦または共働き+子供一人(高校生):475万円以上

商品特徴:
・画素数100万画素 本体背面のカメラで記録
・2018年度リリース地図搭載
・ワンセグTV内蔵
・歩きながらでもナビゲーション機能(ウォーキングナビ機能)
・テレビも楽しめる

ご自身の控除額がわからない方はシミュレーションしてみよう!簡易計算なら1分で完了
ふるさと納税 あなたの控除上限額の目安は?簡単シミュレーション

ふるさと納税の流れ

初めての方は、ふるさと納税が難しいと感じていませんか?
ふるさと納税はとっても簡単。
オンラインショッピングに慣れているなら難しいことは何もありません。

以下のような流れで簡単に申し込みができます。

1.寄附金額の目安(控除上限額)を知る
2.希望する返礼品と寄附する自治体を決める
3.自治体に寄附を申込む
4.返礼品と証明書を受け取る
5.税金の控除の申請を行う

まずは、控除上限額を知ることです。これを知ることで自己負担金の最低額(2,000円)で、できるだけ多く寄附を行うことができます。

あなたに最適な控除金の上限額シミュレーション

ふるさと納税は、寄附金額の2,000円を超える部分について、所得税と住民税から、原則として全額が控除される制度です。
だから、お得に納税をするためには、控除を受けられる金額には上限(控除上限額)を知ることが大切。

納税額は以下のような要素で変動します。
・年収
・家族構成
・社会保険料、地震保険料、医療費など
ただ、詳しいことはわからなくても、年収と家族構成でざくっとした納税金額は算出可能です。
まずはあなたに最適な控除金の上限額を知りたい場合は以下にて、簡単シミュレーションしてみよう。1分であなたの控除額目安がわかります。
ふるさと納税 あなたの控除上限額の目安は?簡単シミュレーション

【早見表】ふるさと納税の寄附金が全額控除される寄附上限金額の目安

給与収入
(寄附者本人)
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は
共働き※1
夫婦※2又は
共働き

子1人
(高校生※3
共働き

子1人
(大学生※3
夫婦

子1人
(高校生)
共働き

子2人
(大学生
と高校生)
夫婦

子2人
(大学生と
高校生)
300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円
325万円 31,000円 23,000円 18,000円 14,000円 10,000円 3,000円
350万円 34,000円 26,000円 22,000円 18,000円 13,000円 5,000円
375万円 38,000円 29,000円 25,000円 21,000円 17,000円 8,000円
400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円
425万円 45,000円 37,000円 33,000円 29,000円 24,000円 16,000円
450万円 52,000円 41,000円 37,000円 33,000円 28,000円 20,000円
475万円 56,000円 45,000円 40,000円 36,000円 32,000円 24,000円
500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円
525万円 65,000円 56,000円 49,000円 44,000円 40,000円 31,000円
550万円 69,000円 60,000円 57,000円 48,000円 44,000円 35,000円
575万円 73,000円 64,000円 61,000円 56,000円 48,000円 39,000円
600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円 57,000円 43,000円
650万円 97,000円 77,000円 74,000円 68,000円 65,000円 53,000円
700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円 75,000円 66,000円
750万円 118,000円 109,000円 106,000円 87,000円 84,000円 76,000円
800万円 129,000円 120,000円 116,000円 110,000円 107,000円 85,000円
850万円 140,000円 131,000円 127,000円 121,000円 118,000円 108,000円
900万円 151,000円 141,000円 138,000円 132,000円 128,000円 119,000円
950万円 163,000円 154,000円 150,000円 144,000円 141,000円 131,000円
1000万円 176,000円 166,000円 163,000円 157,000円 153,000円 144,000円
1100万円 213,000円 194,000円 191,000円 185,000円 181,000円 172,000円
1200万円 242,000円 232,000円 229,000円 222,000円 219,000円 200,000円
1300万円 271,000円 261,000円 258,000円 252,000円 248,000円 238,000円
1400万円 355,000円 343,000円 339,000円 331,000円 277,000円 267,000円
1500万円 389,000円 377,000円 373,000円 366,000円 361,000円 350,000円
1600万円 424,000円 412,000円 408,000円 400,000円 396,000円 384,000円
1700万円 458,000円 446,000円 442,000円 435,000円 430,000円 419,000円
1800万円 493,000円 481,000円 477,000円 469,000円 465,000円 453,000円
1900万円 528,000円 516,000円 512,000円 505,000円 500,000円 489,000円
2000万円 564,000円 552,000円 548,000円 540,000円 536,000円 524,000円
2100万円 599,000円 587,000円 583,000円 576,000円 571,000円 560,000円
2200万円 635,000円 623,000円 619,000円 611,000円 607,000円 595,000円
2300万円 767,000円 754,000円 749,000円 741,000円 642,000円 631,000円
2400万円 808,000円 795,000円 790,000円 781,000円 776,000円 763,000円
2500万円 849,000円 835,000円 830,000円 822,000円 817,000円 804,000円
※1「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指す。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
※2「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指す。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)
※3「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指す。

※4 中学生以下の子供は、控除額に影響がないため計算に入れる必要なし。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」の場合と同額。
また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額。
出典:総務省ふるさと納税ポータルサイト「ふるさと納税のしくみ」