Binance、Coinbace、Poloniex、CoinEx等がビットコイン(BCH)のハードフォークへのサポートを公式発表

2018年11月15日予定のBCHのハードフォークが理由で、ビットコインキャッシュ(BCH)の大幅上昇をお伝えしたのは数日前のこと。

以下の記事で、今後のハードフォークシナリオを解説し、「各仮想通貨取引所が分岐通貨をどのように扱うか」が投資家が最も気になるところだと記載しました。

大手仮想通貨取引所がビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークをサポートすると公式な発表を行っています。

2018年11月2日:Binance(バイナンス)
2018年11月3日:Coinbace(コインベース)
2018年11月4日:Poloniex(ポロニエックス)

また、世界初のBCHを基軸通貨とする仮想通貨取引所CoinExは、非常に早い2018年9月1日の時点で、BCHのハードフォークに対応すると発表していました。

私は、ハードフォークの時点で、以下の2つの取引所のいづれかにBCHを預けようと思っています。

・最大仮想通貨取引所のBinance
・BCHが基軸通貨、Bitmainともつながりのある取引所CoinEx

2つの仮想通貨の取引所のアナウンスを紹介します。

Binanceはハードフォークに合わせスナップショットを取得

Binanceは公式ページで以下の発表を行っています。
Binance Will Support the Upcoming Bitcoin Cash Hard Fork

Binanceの発表によると、2018年11月15日4時40分(UTC)、日本時間にすると、2018年11月15日13:40(JST)に口座のBCH残高のスナップショットを取得すると発表。全ての出金と入金はハードフォークの間停止同日の3時(UTC)から入出金を停止します。

スナップショットの記録が完了後、公式からアナウンスがあり、その時点から入出金が再開されます。

現時点ではこれ以上の発表はありません。
詳細は、Bitcoin Cash 2018 Nov Upgradeを確認してほしいと追記しています。

CoinExはBCH保有者へBCH:BSV=1:1での配布を発表

BCHを基軸通貨とする初の取引所CoinExは、2018年9月1日の段階で、BCHハードフォーク時の対応についてアナウンスしています。
Statement on Bitcoin Cash Forking – Bitcoin-SV (BSV)

今回のビットコインキャッシュのハードフォーク騒動は、2つの開発チーム「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」の対立に始まりますが、CoinExは、「Bitcoin SV」を支持しています。

声明によると、CoinExは、Bitcoin-SV(BSV)が生まれた場合は、CoinEx内のBCH保有者に対して、BSV資産を1対1の割合で受け取ることができます。
さらに、ハードフォーク後、BSV / BCH取引ペアをCoinExでリリースし、BSVが購入できるようにするとも記載されています。

BCHハードフォークは2つの開発チームの対立

詳細は、以下の記事にまとめてたので、ご確認を。

BCH急騰の理由は11/15のハードフォーク

11/15 BCHをどこに預けておこうかな?

ハードフォークを前に、現在保有中のBCHを、Binance と CoinEx のどちらに預け入れるかは、もう少し、いろいろな情報が出てきてから決めたいと思います。

そもそも私が持っているBCHもその幾分かは、BitCoinからの分裂でタダでもらったものです。
久しぶりの興味深いハードフォークなので、分裂で、資産が増えたらいいなぁなどと思っております。

いずれにせよ、対応が遅い、或いはないと考えられる日本の仮想通貨取引所に預けておくということはしないと思います!

まだ、海外の仮想通貨取引所に口座を持っていない方は、持っておいた方が得すると思うよ。

Binance 口座開設方法
CoinEx 口座開設方法