ビットコインは多数チャートトレンドラインを割り込み大幅下落で40万円へ。一体どうなる、どこまで下落する?

9月6日過ぎから11月13日まで約2ヵ月にわたりほとんど値動きのない相場を続けてきたビットコイン。
70万円前後で底値形成中と思いきや、11月14日に一気に下落。
60万円前後で踏みとどまると思いきや、直近では一気に40万円まで下落してきてしまいました。

一体、ビットコインを始めとする仮想通貨は今後どうなるのでしょうか?

ビットコイン、70万円から40万円まで一気に下落

ビットコインキャッシュのハードフォークをきっかけに、不安程度が増した仮想通貨市場。
ビットコインは11月25日深夜、昨年2017年9月依頼の安値である4000ドルを割り込み。円価では、40万円まで下落が進みました。

以下は、ビットコイン(BTCJPY)の日足チャート。
11月以降の下落が、非常に激しいことが見て取れます。

ビットコインチャート

なお、縦の線は毎月の5日を示しています。毎月5日はビットコイン先物のSQ日です。
今回も、5日すぎが起点となり、大幅下落となりました。

SQ日に何が起きやすいかは、以下の記事にてご確認ください。

ビットコイン対数チャート:トレンドライン割れ

下記は、ビットコイン(BTCJPY)を対数表示したものです。
トレンドラインを割り込んだとたん、一気に下落が進んだことがわかります。

ビットコインチャート対数表示

11月12日の記事では、ちょうどビットコイン価格は、かろうじてトレンドラインを保っていたんですよね。
このラインを維持してくれれば、、、とブログでもコメントしていたのですが、その願いかなわず、さんさんたる現状。

どこまで下落するかが目下の注目ポイントとなりますが、黄色の200週移動平均線まで下落するとなると、35万円近辺まで下落することになります。
40万円という切りのいい数字で値を維持できるか、それとも、値を保てず35万円まで下落するか、見守りたいと思います。

時価総額fは大きく減少

仮想通貨時価総額推移

時価総額最高値と直近最安値&直近のを比べてみると、以下の通り。
なんと、今年の1月7日の時価総額最高値と比べると、15%まで激減しています。トホホすぎますね。

2018年01月07日 $817B(最高)
2018年08月14日 $194B
2018年09月12日 $191B
2018年09月23日 $221B
2018年09月29日 $216B
2018年10月07日 $218B
2018年11月25日 $123B (最低) 最低/最高=15%

BTCドミナンスは上昇中

ビットコインドミナンスの状況も見てみましょう。

仮想通貨ドミナンス推移

只今、ビットコインんドミナンスは54%
11月7日には一度51%まで下落しましたが、再び上昇しています。

ビットコインがこれだけ大暴落する中、ドミナンスが上昇してきているということは、ビットコイン以上にアルトコインの下落が激しいということを示します。アルトコインの壊滅っぷりが、容易に想像できます。

なぜか、私のサイトではbitpointで口座開設する人が

こんな大暴落を見せる仮想通貨ですが、ありがたいことにぽつぽつ私のブログを経由してbitpoint口座を開設されている方がいます。

bitpoint(ビットポイント)といえば、FXの世界で圧倒的な人気を誇る取引ツールMetaTrader4(MT4)が唯一使える国内仮想通貨取引所です。
底値で取引開始するとうまくワークする売買戦略トラリピEAなどについても当ブログで紹介しているからかもしれませんね。
確かに、うまく底値で仕掛けると、うまくワークする投資戦略です。