タクシーの移動時間を活用!耳で読書する新サービス、オーディオブック競争の幕開け

タクシーでの移動時間。

目的地への到着までの時間、外の風景を眺めながら、ぼ~っと時間を過ごしていないでしょうか?
忙しいビジネスマンにとってはかなり無駄な時間ですよね。

さて、こんな無駄な時間を有効に活用してほしいとスタートしたのがタクシー内でオーディオブックを楽しめる「本のない図書館タクシー」の試験サービスです。

本のない図書館タクシーを走らすのは日本交通

「本のない図書館タクシー」サービスを始めたのは、オトバンクと日本交通。

10月26日から、都内23区と三鷹市、武蔵野市のエリアにて、予約なし、或いは、専用ウェブサイトで乗車予約を受け付け、10月29日〜11月11日の期間限定で運行。乗車すると、1000ポイント(1000円相当)のオーディオブックの利用クーポンがついた「本のない図書館タクシー利用カード」がもれなくプレゼントされます。

専用ウェブサイトからは、乗車地と降車地、利用時刻などを入力して予約する仕組み。専用ウェブサイトから申し込んだ場合は抽選となりますが、迎車料金やタクシー代は無料となるのでお得です。

利用は、オーディオブック専用タブレットで

タクシーの後部座席には、図書館代わりのオーディオブックタブレット。タブレットからオーディオブックを選んで再生するだけです。

タクシーの運転手との車中会話が苦手な人にも、タクシーの運転手さんに変な気を遣う必要がなくていいかもしれませんね。

タクシーの平均乗車時間は18分

オトバンクの久保田社長によると「タクシーの平均乗車時間は18分程度」

ただ、乗車しているだけではもったいないスキマ時間です。ただ、タクシー移動の場合、スマホでの連絡タイムとするにも重要な情報は話せませんし、会社の資料や本などを広げてみるのも容易でない。

そんな時、耳を活用した読書は時間の有効活用にいいですよね。

なお、短い時間でも有効な耳読(ミミドク)ができるよう、試験サービスでは本のダイジェスト版などを提供するそうです。

スキマ時間を有効できるオーディオブック。AmazonもAudibleに注力中

読書離れが激しいと言われる昨今。
多くの人がスマホに触れる時間が長くなるなか、本を手に取る時間が減っていますが、本を読みたい、本を読んだ方がいいと感じている層も多く、オーディオブックは2017年上期と比べると2018年上期には会員数が3倍に伸ばしています。

なお、今、AmazonもAudibleというサービスでユーザ獲得に注力中。
30日間は月額利用料無料、さらに、毎日5分以上聞くと1日100ポイント、最大3000ポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。

Audibleキャンペーン

すきま時間を有効活用したいとお思いのあなた、是非、お得な機会を利用して、便利なサービスを利用してみてね。

Amazon Audible【聴くほどポイントキャンペーン メガ】