12月中旬発売の会社四季報プレゼント!年間5万円の「日経新聞」も口座保有で無料購読可な「岡三証券」で

岡三証券が、2018年10月1日(月)~11月30日(金)まで、「会社四季報プレゼントキャンペーン」を開催中!
四季報は、会社四季報の発売日当日にお届け予定とのことなので、毎月購読している方にはお得なキャンペーンです。

その他、岡三証券に口座を開設する2つのメリットについても紹介します。
・年間5万円もする「日経新聞」がタダで購読可能
・信用取引開設でオリジナルデータ集にアクセス可能

会社四季報プレゼントキャンペーン:詳細

キャンペーン期間:
2018年10月1日(月)~11月30日(金)

プレゼント:
会社四季報・新春号(2018年12月中旬発売予定)
発売当日にお届け予定

対象者:
以下の2つの条件を満たす方
(1) 2018年10月1日~11月30日の間に信用取引口座を新たに開設
(2) 2018年11月30日までに信用取引で新規建てを行う

丸三証券 口座申込

証券口座開設で節約!日経新聞をタダで読む方法

世界経済を知る上で、日経新聞は欠かせません。購読には馬鹿にならないお金がかかります。
日経新聞電子版の場合、4,200円ですから、年間で約5万円。10年購読すれば、なんと50万円もの出費となってしまうのです。

証券会社の中には、口座を持てば、日経新聞がタダで読めるところがあり、「日経テレコン版」の購読が可能です。

日経テレコンが閲覧可能な証券会社は楽天証券、大和証券、丸三証券

日経テレコンとは、日本経済新聞が提供している会員制のオンライン情報サービスです。「日経新聞」以外にも、「日経産業新聞」、「日経MJ」、「日経プラスワン」など、幅広い記事が読めるサービスです。

正規版の料金は、月額6,000円~。しかし証券会社版なら、口座開設などの条件を満たすことで、無料で閲覧が可能です。

具体的には、楽天証券大和証券丸三証券での利用が可能ですが、中でも、「岡三証券」が便利なのです。

こちらは、信用取引の新規建ての条件を満たす必要はないので、、信用取引の予定がないから、口座開設を見送ろうと思った方も利用するといいですよ。

丸三証券 口座申込

岡三証券の日経テレコンが使いやすいワケ

新聞での情報収集は、通勤電車やちょっとした隙間時間を有効活用して行うというビジネスマンが多いでしょう。少しでも情報量が多く、かつ、見やすいサイトで情報収集したいですよね。

上記、日経テレコンが利用可能な3つの証券会社で見れる情報はおおよそ同じですが、岡三証券の場合、証券会社のトレードツールなど専用ツールを使用する必要がないので、通常のブラウザで閲覧可能。スマホ、タブレットでの記事購読に便利です。

ログイン後の画面で「NIKKEI TELECOM21」のアイコンをクリックすれば日経テレコン21(丸三証券版)が閲覧できます。
また、図・画像の表示もPDFで可能。銘柄ページからのリンクも確認できて最も便利に利用できます。

信用取引ユーザなら限定データがみられる

さて、本申込みの条件に「信用取引で新規建てを行う」とありました。
では岡三証券で信用取引するメリットはあるのでしょうか?

メリット1:3240円の取引ツールが無料

信用取引口座を解説のユーザの場合、リアルタイム株価更新の売買ツール「疾風くん」が無料で利用できます。「疾風くん」は通常は月額3,240円するサービスなので、信用口座も解説していた方がお得です。

メリット2:オリジナルデータ集が閲覧できる

各市場の売買代金、騰落レシオなどが見れるオリジナルデータ集を見ることができます。
トレード画面やマルサンボードで見ることのできない株価指標等のデータですが、信用取引口座をお持ちの場合、アクセスパスワードがもらえます。

丸三証券 口座申込