減りゆく高還元率ふるさと納税、10月末終了も続々。9割の自治体法規制前に見直し方針

納税者にとってありがたい制度ふるさと納税

今年のふるさと納税の返礼品、どうしようかなとお思いのあなたは急いで!

総務省に早期にふるさと納税返礼品を見直すよう求められている380市町村のうち、約9割に当たる346市町村が見直す方針。このうち261市町村は10月末までにふるさと納税返礼品見直す考えを示し、対応を急いでいるのです。

※2018年11月3日更新
本記事で過去に紹介したお得なふるさと納税は自治体自身が10月31日までに返礼品の見直しを実施したことで、既に終了となっています。

でも、一つ、還元率50%の金券を見つけたよ♪
以下の記事で紹介したので、ご確認を!

ふるさと納税返礼品の自治体見直しの背景

ふるさと納税の人気の高まりで、自治体の返礼品競争が激化したため、国(総務省)は各自治体に以下のような通達を実施。

・返礼品は寄付金額の3割以下
・返礼品は地場産品に限定
(・換金性の高い金券や家電などは推奨しない)

しかし、9月1日時点でもその通達に応じていない自治体380市町村を公表。総務省は地方税法を改正し、通知を受け入れない自治体はふるさと納税制度の対象外との方針を通達。11月1日時点で改めて全国調査する予定で、10月末までの見直しを求めたのです。

結果、今後も我が町にふるさと納税を呼び込みたい自治体は当然のことながら、通達にビビり自粛に動いており、10月末までに見直しを図ろうと動いているのです。

時事通信が、ふるさと納税の返礼品で、総務省に早期に見直すよう求められている380市町村に調査を行ったところ、約9割に当たる346市町村が見直す方針を示しています。

調査結果、返礼品を地場産品に限定することに対し、「地場産品に限ると、人気の特産品がある自治体の独り勝ち」と指摘する自治体もあったそうです。

以下では打ち切り決定、或いは、打ち切りの可能性のある金券の返戻金を紹介します。

高額返礼品をGetしたいなら急いで!10月末までに申し込みを

上記の通り、返礼割合を見直す自治体は、高還元率返礼品の廃止、返礼品の内容変更や減量、必要な寄付額の引き上げで対応する方針。
9月から、次々とうまみの多い返礼品は減っており、今月末で終了宣言をしているものも出ています。

つまり、10月末にも今ある高額返礼品が減ってしまうことは確実なのです。
以下、打ち切り決定の高額返礼品を紹介するので、欲しい方は急いで申し込みを!

【10月末迄】大阪府熊取町:ツーリスト旅行券(還元率50%+1%)

大阪府熊取町は、ツーリスト旅行券は、還元率50%

旅行好きな方にオススメ。熊取町に行かずとも、全国のKNT-CTホールディングスグループ株式会社の指定する店舗ならびに代理業者・特約店の窓口で、国内旅行、海外及び各種乗車類(航空券・JR券)、宿泊券、観光券などで利用できます。

還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

【10月末迄期間限定】佐賀県吉野ヶ里町:日本旅行ギフトカード(還元率50%+1%)

佐賀県吉野ヶ里町の日本旅行ギフトカードも旅好きにうれしい旅行券。還元率は50%

受付期間が以下の通り、1ヵ月間で10月末に終了です。
受付期間:10/1(月)~10/31(水)

寄付金は2万円から200万円まで。

還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

ふるさと納税 日本旅行ギフトカード
日本旅行ギフトカード 1万円分:寄付金2万円
日本旅行ギフトカード 2万円分:寄付金4万円
日本旅行ギフトカード 2.5万円分:寄付金5万円
日本旅行ギフトカード 3万円分:寄付金6万円
日本旅行ギフトカード 4万円分:寄付金8万円
日本旅行ギフトカード 5万円分:寄付金1-万円

高額のギフトカードをお求めの方は、こちらのリンクから確認ください。

【10月末迄】大分県国東市:キヤノン製デジタルカメラ(還元率50%+1%)

換金性の高い家電も返礼品見直し対象の一つ。
大分県国東市は、キヤノン製のデジタルカメラ機器のお申込み受付を10月31日で打ち切ります。

種類はいろいろあるので、以下にてご確認ください。

なお、追加の還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

数量限定:QUOカード(還元率40%+1%)

QUOカードの還元率は寄付額に関わらず一律40%。
コンビニを始め、ドラッグストア、ファミレス、本屋、ガソリンスタンドなどで幅広く使えます。有効期限なく、1円単位で使えるので非常に利用がしやすいカードです。チケット屋などに持ち込めば、現金換金もできちゃいますね。

このふるさと納税に申し込みができるのは、2.5万円~で、最高額は100万円まで。

還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

ふるさと納税 クオカード

QUOカード 1万円分:2.5万円寄附
QUOカード 2万円分:5万円寄附
QUOカード 4万円分:10万円寄附
QUOカード 6万円分:15万円寄附
QUOカード 8万円分:20万円寄附

それ以上はこちらのリンクにてご確認ください。

数量限定:JCBギフト券(還元率40%+1%)

JCBギフト券の還元率は寄付額に関わらず一律40%。
大手スーパー、百貨店、家電量販店、ディスカウントストアなど幅広く使えます。有効期限も無期限なので、使い切れないということもありません。チケット屋などに持ち込めば、現金換金もできちゃいますね。

このふるさと納税に申し込みができるのは、5万円~で、最高額は200万円まで。

還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

ふるさと納税 JCBカード

JCBギフトカード 2万円分:5万円寄附
JCBギフトカード 4万円分:10万円寄附
JCBギフトカード 6万円分:15万円寄附
JCBギフトカード 8万円分:20万円寄附

それ以上はこちらのリンクにてご確認ください。

終了してもおかしくない返礼品

現時点では正式に終了表明はされていませんが、消えてもおかしくない返礼品も存在します。
おいしい内容のものが多いので、まだ、ふるさと納税枠をたっぷりお持ちの方はご確認を!

福岡県大木町:【残りわずか】H.I.S.の旅行券(還元率50%+1%)

福岡県大木町のHISギフトカードは、寄付額に関わらず一律還元率50%。
寄付額は10万円~200万円までそろっており、HISギフトカードに加えて、「地元のレストラン、天然温泉ペアチケット付き」なので、実質の還元率はさらに高くなります。

現在、残りわずか。

追加の還元率+1%は「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元です。

ふるさと納税の実質的な還元率をさらにUPする方法

ふるさと納税の返礼品ですが、さらに実質的な還元率をUPする方法があります。
それは、高還元率なクレジットカードを使用して、支払いをすること。

「ふるなび」などのふるさと納税サイトは、寄付金支払いにクレジットカードが使えますが、この際に高還元率なクレジットカードを使うのです。

納税額が大きい人は、数十万円、数百万円となるので、たとえ、数%とだとしても効果は大きいです。

年会費不要で、還元率も高く、さらに使い勝手もいいカード3枚は以下の通り。
リクルートカードが最も還元率が高くてオススメ。

カード利用開始時はカード利用上限が低いため、3枚のカードとも作っておくのも手。
一つのカードをメインカードにして利用を続けると、カード利用上限も利用状況に応じてUPしていき、頼れるカードとなります。

年会費不要で、還元率も高く、さらに使い勝手もいいカード3枚

内容   リクルートカード       楽天カード      Yahoo!Japanカード 
還元率 1.2% 1.0% 1.0%
提携ポイント Pontaポイント 楽天ポイント Tポイント
特徴 ポイント還元率が最高 楽天のお買い物で使える リアル店舗のポイント
払いに強み
紹介
Yahoo! JAPANカード 発行プロモーション

ふるさと納税サイト「ふるなび」