リボ払いはやばい。借金10万円&100万円を月々2万円返済すると総支払額/金利(利息)手数料/完済期間はどうなるか
▼シェア&フォローする▼

賢く利用すれば、現金で支払うより得する消費者の味方のクレジットカード
1回払いで利用すれば、利用額に応じてポイントがたまり、現金払いより確実に得をします。

しかし、せっかくお得なクレジットカード利用も、安易にリボルビング払い(リボ払い、分割払い)にしていませんか?
そんなあなたはやばい。非常に危険です。
どのぐらいリボが危険かを、身近な利用額10万円で月々2万円でリボ払いするとその支払額と完済までにどれだけかかるか見てみましょう。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

リボ払いとは?

リボ払いとは、リボルビング払いの略で、使った金額や件数にかかわらず、毎月決まった金額を支払う返済方法です。リボ払いでは、月々の返済額を、1万円、2万円といった具合に設定することができ、たとえ、月に10万円の買い物をしようが、翌月の請求は1万円となります。

月々の負担が楽でラッキーと思った方はとても危険です。

リボ払いの恐ろしさは高い金利手数料にあります。利率は各カード会社で差がありますが、約15%が一般的で非常に高額です。月の負担は軽くても、金利手数料も含めた支払総額は非常に高額になります。

リボ払いと分割払い。何が違う?

クレジットカードの支払い方法には、分割払いという方法もありますよね。リボ払いと何がちがうのでしょうか?

大きな違いは分割払いの場合は、支払額が購入金額に応じて変動すること。例えば、5万円のものを2回払いするなら、翌月の支払いは2.5万円+金利手数料ですが、リボ払いの場合、毎月返済が1万円なら、1万円以上請求されることはありません。

さて、それでは、リボ払いのシミュレーションで、支払総額、金利手数料、完済までにかかる期間がどうなるか見ていきましょう。

リボ払いにメリット。そんなものはありません!

各金融機関のリボ払いのホームページを見ると「リボ払いのメリット」とのタイトルで、計画的に支払い計画ができるといった記載がされています。

しかしホント??

確かに現金がない時はありがたく感じるかもしれません。しかし、本当にメリットがあるのは高い金利が取れる金融機関側の話。あなたの気を許す魔法の言葉でしかありません。それは、次の節で述べる、リボ払いの支払総額シミュレーションを見れば明らかな話です。

10万円のリボ払いシミュレーション

リボ払い:支払い総額シミュレーション

10万円を月々2万円でリボ払い:支払い総額シミュレーション

質問

10万円の商品を月々2万円リボ払い(リボ手数料 実質年利15.0%、元利均等方式)で買おうと思います。さて、合計支払い総額と返済期間/回数は?

答え

支払総額:103,922円
返済回数:6回

    
3,922円の金利負担なら大したことはないと思ったかもしれません。

このぐらいなら返せると思ってしまうと、現金が足りないからと気軽な気持ちでキャッシングで10万円といった行動につながっていきます。

このような人はカード会社にとっては、おいしいカモなのです。リボ&キャッシング利用者にとっては借金地獄の始まりです。

100万円を月々2万円でリボ払い:支払い総額シミュレーション

質問

100万円の商品を月々2万円リボ払い(リボ手数料 実質年利15.0%、元利均等方式)で買おうと思います。さて、合計支払い総額と返済期間/回数は?

答え

支払総額:1,579,049円
返済回数:79回(6年7ヶ月) 

なんと、約58万円以上の利子がついてしまうのです!

普通は100万円の買い物をリボ払いで行うことはないと思います。
しかし、海外旅行、入院などで数十万の支払いが発生することは十分あり得る話です。

普段からリボ払いに慣れ過ぎると、どんどんカード利用がエスカレートしてしまう可能性があるので注意が必要です。

元本が減らない返し方はやばすぎる。絶対ダメ!

返済期間が長くなる=いつまでも借金完済にならないのは、毎月元本を着実に減らせる返済をしているかにかかっています。

利息だけ払っていては元本は減りません。元本分も毎月着実に払っていかない限り、絶対に借金は返しきれません。

リボ払いは「借金」であることを再認識せよ

リボ払いで今月のリボ金利は1000円とかいう明細を見ても、余裕で返せると思ってしまうときが緩みます。

人は言葉の使い方で、気持ちが緩みがちな生き物。
リボ払いは借金であるとしっかり認識することが大事です。

クレジットカードの賢い使い方:1回払いでポイントのみGet!

クレジットカードは賢く、ご自身の支払い可能額内で使用すれば、現金よりも得する消費者の味方です。
今の時代、現金払いの方が損をします。

それ故、賢い消費者は、クレジットカード1回払いで、ポイント還元でポイントをもらい、支払いを先送りする使い方をすべきです。

年会費無料のクレジットカードでも、高還元率のクレジットカードがあるので、それらを使って、賢くポイントを貯める努力も大切です。還元率0.5%とかのクレジットカードは今すぐやめましょう。

以下は、年会費無料のお得なクレジットカードですので、是非、ご検討を!

内容リクルートカード楽天カード
還元率1.2%1.0%
提携ポイントPontaポイント楽天ポイント
特徴ポイント還元率が最高楽天のお買い物で使える
紹介

最後に

今回は、返済シミュレーションでわかるリボ払いのヤバさについて紹介しました。
クレジットカードのリボ払いをなくすには、まずは、自分の支出を把握することが大切です。

そのために必要なのは「家計簿」。しかし、面倒だと長く続かない!
そこで、以下のページでは、私が行っている簡単な「家計簿術」と、家計簿による支出の見える化から見えてくる「支出項目別無駄遣い改善法」について紹介しています。リボ払いで困る前に、是非、参考にしていただけると嬉しいです。