ICカード乗車でポイントが続々 JR西日本 ICOCAで運賃の50%還元も(10/1~)

ICカード乗車券を使って電車に乗るとポイントがもらえる交通機関が増えていること、ご存知ですか?

JR西日本の利用者の方は必見。10月1日、ICOCAの使用者を対象に乗車回数に応じたポイント付与が始まるのですが、利用の仕方によって、かなりな還元率です。

ICOCAポイントサービス始まる

2018年10月1日からJR西日本で「ICOCAポイントサービス」が始まります。

ポイントの獲得基準は2つに分かれます。

京阪神エリアが対象のポイント還元

一つは京阪神エリアが対象のポイント。

特定の路線・区間を同じ月に繰り返し利用した場合、4回目以降は都度、運賃の50%か30%相当のポイントをもらえます。

例えば京都―大阪(運賃560円)は還元率が50%。同じ月に5回乗ったとすると4回目、5回目にそれぞれ280ポイントたまります。

但し、ポイント付与にはもう一つ条件が。
平日の場合、乗車回数にカウントされるには午前10時~夕方5時の時間帯に改札を入るか出る必要があります。残念ながら、朝夕の通勤時にポイントを貯めるのは、難しそう。シフトで遅めの出勤の方、或いは、早めに帰宅の方でないとポイントはたまらないようになっています。

ICOCAが使えるエリア全体が対象のポイント還元

もう一つのポイントは、ICOCAが使えるエリア全体が対象。

運賃が同じ区間で乗ると11回目以降、都度10%相当がたまります。例えば大阪~京橋、大阪~西九条は運賃が同じ160円。ある月に6回ずつ乗れば計12回とカウントされて基準回数を超えます。

ただし、こちらも条件が。当然かもしれませんが、定期券の利用区間は対象になりません。どちらも通勤でポイントを貯めようとした方には、残念ながら利用は難しそうです。

ポイントの使い道

ICOCAでたまったポイントはどのように利用できるのでしょうか?

貯まったポイントはポイントチャージにより、運賃や駅ナカ店舗での買い物の支払いに利用可能。但し、利用には駅の自動券売機かサイトで登録が必要なのでお忘れなく。

定期券の購入はクレジットカードで

さて、今回のICOCAカードのポイントには直接関係ありませんが、定期券を買うとき現金で払っていませんか?そんなあなたは損をしています。

定期券を高還元率カードで購入すれば、大量ポイントがたまります。
通勤定期の場合、会社で6ヵ月定期での購入が前提になっていることが多く、一気にクレカポイントを稼ぐチャンスです!

例えば、年会費無料なのに高還元率なクレジットカードリクルートカードを定期券を購入すれば、1.2%のポイントがもらえます。

仮に6ヵ月定期が10万円なら、会社から補てんされる定期代金で1200円のポイントが簡単にGet可能。現金で払っても何ももらえないのに、クレジットカードで支払いすれば1200円もらえます。

現金支払い派だけでなく、還元率が低いクレジットカードを持っている人も、メインカードを高還元率リクルートカードに変更すべきです。

リクルートカードポイントはPontaポイントへの振り替えが可能なので、ローソンを始めいろんなところで使用でき、ポイントが無駄になることもありません。

クレジットカードを持っていても、還元率の低いクレジットカード決済しても損するので、是非、ポイント還元率に敏感になってください。

リクルートカード