仮想通貨バブル崩壊後、最低時価総額を記録した9/12。BTCドミナンスは57%を記録。各通貨の最高値からの下落率は?

悲劇的な状況が続く仮想通貨市場
ビットコインは値を保っているものの、アルトコインの暴落には目もそむけたくなる悲惨な状況があります。

今週は、仮想通貨バブル崩壊後、9月12日に最低時価総額を記録。アルトコインの下落に比例するようにビットコインのドミナンスは同日57%を付けました。

現在の仮想通貨市場を振り返っておきましょう。

今週最低時価総額をつけた仮想通貨時価総額

仮想通貨時価総額2018年9月

時価総額最高値と直近最安値を比べてみると、以下の通り
2018年01月07日 $817B
2018年08月14日 $194B
2018年09月12日 $191B

夏枯れの中、8月半ばに下げ止まったかなと思ったのはまだまだ甘く、1ヵ月後の9月半ばに再び最安値更新。
なんと、ピーク時に対し76.6%の時価総額が失われたことになります。

ビットコインドミナンス、時価総額の状況

以下は、ドミナンスの推移です。
これまでビットコインドミナンスは、昨月、時価総額直近安値を付けた同日8月14日にビットコインドミナンスも54%をつけましたが、9月12日にさらに上昇し、57%を付けています。
アルトコインの弱さが際立ちます。

ビットコインドミナンス2018年9月

各通貨をチャートチェック

それでは、各通貨を見ていきましょう。

ビットコイン BTC

一時、今年最安値の65万円まで下落するも、何とか、底値割れせず踏ん張りました。ただ、反発力もありません。
期間的なサイクルを考えると、浮上してもいいかなという感じです。

ビットコインチャート

イーサリアム ETH

前回安値を維持できずに下落。2017年バブル相場前の水準にまでの2万円割れ。ひどすぎる下落です。

イーサリアムチャート

各通貨、最高値からの下落率

各通貨、暴落っぷりが激しいですが、最高値からの下落率はどのようになっているでしょうか。
以下は時価総額上位通貨の状況。赤字の部分が最高値からの下落率です。見るも無残ですね。

今、ビットコインを持っているなら、貸仮想通貨サービスで寝かせよう

厳しい下落に見舞われている仮想通貨。今、利益を得るべくチャートを追いかけても、正直、利益を得るのは難しいでしょう。
しばらく忘れて、数ヵ月、数年後に、超上昇した!という方が、幸せでしょう。

ただ、今、ビットコインをお持ちなら、そのまま持っていても、値上がりを待つだけになってしまいます。

だったら、仮想通貨版「定期預金」ともいえる、貸仮想通貨サービスを利用しませんか?

レンディングサービスとも言われますが、仮想通貨を貸して、金利収入を得る仮想通貨投資法の一つです。

私の保有ビットコインの半分ぐらいをレンディングサービスに預けています。

現在は、bitbank(ビットバンク)の貸仮想通貨サービスが最もお勧め。
他社との比較などの詳細は、以下にてご確認を!