ビットコインチャート

2018弁1月以降、毎月5日前後で相場反転してきたビットコイン
上記図を見てわかる通り、6月ぐらいまでびっくりするほどきれいに、5日起点に相場が転換をしてきました。

それでは、直近はどうか?チャートで確認してみましょう。

【再掲】BTCが毎月5日前後で相場つきが変化しやすい理由

※前回読まれた方は読み飛ばしてください。
そもそも、なぜ、ビットコインが毎月5日前後で相場が変化しやすいのか?
その理由は、ビットコイン先物の存在です。

先物とSQ日

先物にはSQ日と呼ばれる先物の清算日があります。

株式でも先物の決済の週には特に株価が大きく動くことがあり、特に株式が大きく下落した際、「SQに絡んで売り仕掛けが行われた」といったニュースが報じられることがよくあります。売り仕掛けとは、ヘッジファンドなどの大口投資家などが相場を売ることによって力ずくで崩し、相場を下げさせて儲ける戦法です。

2017年12月に始まったビットコイン先物

さて、ここでビットコインに話を戻すと、ビットコインは年初来下落を続けてきたわけですが、その少し前、ビットコインが活況に沸いていた2017年12月にビットコインの先物が2つの取引所で始まりました。
COBE:2017年12月10日~
CEM :2017年12月17日~

さて、先日6月29日、CEM(シカゴ・マーカンタイル取引所)の6月のビットコイン先物(取引期間2017年12月15日~2018年6月29日)が取引最終日を迎えました。このビットコイン先物の決済日(SQ日)が7月5日です。

つまり、本記事の冒頭で、2018年以降、5日を起点に相場つきが変化してきたと言いましたが、この日がSQ日と重なります。どうやら、先物と大きく関係しそうです。

直近清算のビットコイン先物は、BTC絶頂期に開始された取引

そして、もう一つ。この先物の取引開始日2017年12月15日といえば、ビットコインがまさに最高値圏のころ。

もし、この頃の相場つきを見て、資金を持った大口投資家らが「BTCはバブルだ!」と判断したなら、大口投資家はビットコイン先物を売ったでしょう。そして、もしこのタイミングで売りポジションを持ったなら、可能な限り大きな利益を上げるために、できるだけビットコイン現物相場を崩したいと考えるはずです。

そして、上記の背景から、実際にビットコインは半年間大きく売られてきました。6月の2番底(大底)をつける下げも、先物売り勢の最後の売り潰し作戦だったのかもしれません。

もはや、仮想通貨市場も株式などと同様、先物勢を無視できない相場になったのだと改めて痛感しています。

直近のBTC相場状況は

ビットコインチャート

6月までは非常にきれいに毎月5日に「山」「底」を付けていましたが、直近は、そこまではっきり天底はつけておらず、おおよそ5日付近に変化(反転・加速)といった様相です。
逆に、それまでのトレンドが5日付近に「加速」といった様子も見られるように見えます。

さて、では、8月5日を過ぎて直近のビットコイン BTC の状況はどうか?

7月上旬から大口投資家の参入、ビットコインETFへの期待などを理由に上昇してきたビットコインですが、7月半ばには200日移動平均線に跳ね返されがっつり下落。只今、一目均衡表の雲の下限に迫る状況で、チャート形状的にはこの辺で反転。200日移動平均線を目指すように見えます。

ただ、雲のねじれも迫っており、雲の下限を割り込んでしまうなら、再び前回安値まで下落しそうな雰囲気。

ここで踏ん張ってくれれば、下値切り上げでよい感じになるのですが・・・・

果たしてどうなるでしょうか?

現在、今月の積立追加投資を悩み中です。

ビットコイン以上にひどいアルトコイン

ビットコイン以上に、ひどい値動きをしているのがアルトコイン。
24時間騰落率を見ても、主要アルトコインであれ、BTC以上の激しい下落に苦しみ中です。

24時間騰落率

総悲観モード。早く明るい相場に転じてほしいです。

総悲観の極みをとらえて利益を出すための良書

バーゲンハンターの異名を持つテンプルトン卿。
そのテンプルトン氏の投資手法をまとめた本が「テンプルトン卿の流儀」。
「悲観の極み」で投資するという最も有名な原則を詳しく述べたうえで、テンプルトン卿が「悲観の極み」の時点をとらえて成功につなげるために生涯を通じて用いてきたテクニックが解説されています。

Kindle Unlimited会員なら3024円の本が無料で読めるので、興味のある方は是非checkを!

コメントを残す