ビットコイン サイクル

昨日、久しぶりに目の覚めるような急騰を見せたビットコイン。

アイキャッチ画像はビットコインの大相場のチャートを見て、直近2017年Q4~2018年Q1の仮想通貨の暴騰・暴落時のチャートだと思った人、多いのではないでしょうか。

実はこれ、2013年から2016年のビットコインチャートです。
この後、ビットコインは、昨年2017年秋からの大暴騰を演じます。

いままた、新しい相場のサイクルが始まろうとしています。

歴史は繰り返す

技術が進歩し社会が様変わりしても、人間の本質は時代を超えて変わらないため、同じ過ちを構成でも繰り返して起こします。これは投資の世界でも同じ。だから、人は何度となくバブルを引き引き起こしてきました。

でも、また、仮想通貨は新しい相場のサイクルに突入しつつあります。

新しい相場のサイクルが始まる初動期は、まさに、長期的にビットコインで利益が得られると確信した者による我慢強い買いが入る時。

我慢強い買いは、懐疑の中で上昇・下落を繰り返しながらも、下値を切り上げ、やがては、上昇→暴騰につながっていきます。

今は、資産を増やすための種まきの時。仕掛けがないと、収穫はできません。

相場の1サイクルを理解する

アイキャッチ画像の1)~4)はどのような時期にあたるのか?

整理すると以下のようになります。

今はどの時期にあたるか、わかりますよね。

1) 新しい相場の始まり 
長期的にビットコインで利益が得られると確信した者※による我慢強い買いが入る
或いは、相場を動かせるほどの力を持った者たちによる買いがじりじりと入り始める

2) 上昇→暴騰 
メディアがビットコインの上昇を騒ぎ始め、一般人や投機家たちがビットコインに興味を持ち参入。長期ホルダーは利益を確定

3) ピークアウト 
価格、及び、センチメントがピークをを迎える

4) 大暴落 
少し前まで熱狂買いがもはや続かず、雪崩のように売り殺到し、パニック相場になる。

相場サイクルと投資家心理:今、「降伏」から「懐疑」のフェーズへ

上記を投資家心理で表現したのが、Psychology of Market Cycle(サイコロジーマーケットサイクル:投資家心理と市場サイクル

投資家心理

株価サイクルと投資家心理
1. Disbelief(懐疑)
2. Hope(希望)
3. Optimism(楽観)
4. Belief(確信)
5. Thrill(スリル)  
6. Euphoria(陶酔)
7. Complacency(陶酔、独りよがり)※間違った買い
8. Anxiety(不安)
9. Denial(拒否)
10. Panic(パニック)
11. Anger(怒り、自暴自棄)
12. Depression(降伏、意気消沈) →再び「1」へ

今は、まさに12の降伏が1の懐疑に変化しそうなとき。

怖くても今買えば、時間がどれだけかかるかはわかりませんが、「あの時、買っておいてよかった」と思えると、Chamiは確信しています。

だから、ここ数ヵ月、皆が総悲観で相場を離れていく中、サラリーマン給料の残分を仮想通貨に突っ込み、淡々と買い増しています。

Chamiが仮想通貨への投資をやめない理由

多くの人が仮想通貨から撤退していったのにも関わらず、なぜ、Chamiは仮想通貨へ投資を続けるのか?

ブロックチェーンの技術がお金の換え方を変えていくと思っている。

さらに、単に利益追求を目的とした投資家としては、これほど短期間に次の相場のチャンスが回ってくる投資先などないと思っているから。

仮想通貨は、FXのように完全ゼロサムの市場ではなくて、長期的に市場規模が拡大し、それに伴って、通貨の価値も切り上がっていく投資対象であり、ボラティリティも大きい。
一発退場を通行されるような投資をしなければ(現物買いにとどめておけば)、たとえ、暴落に巻き込まれ資産が大きく目減りしたとしても、暴落時に淡々と買い増していけば、次の相場で、前回以上の資産に増やすことができると思える、そんな夢のある投資対象だと思っています。

今、現時点の私の買い増し通貨は、過去から変わらず、BTC、ETH、XRP、BCH。 ※昨年はこれにXEMが加わっていた。
少なくとも毎月の投資は法定通貨円で行うので、国内取引所で上記4銘柄の中から購入を続けています。7月分も仕込みは完了しました。

仮想通貨総悲観時に、毎日チャリンチャリンがある投資方法に出会えたのはラッキー

私の場合、仮想通貨が総悲観の間も、取引所の配当型トークンで日々投資を楽しめたのはラッキーだったと思います。もう、仮想通貨なんてコリゴリ!と思うことなく、情報収集力とそこに飛び込む勇気があれば、儲けのチャンスがたくさんあって面白い!と思いながら日々を過ごせたからです。

だって、私がホールド中の 仮想通貨取引所CoinExCETトークンの場合、日々の配当が0.6%。つまり、100万円分のトークン持っていたら、大体、毎日6000円ぐらい、1ヵ月なら18万円程度の配当が様々な通貨で入ってくるんですよ。

しかも、今のような相場でBTC、ETHをはじめ様々な通貨が上げてくれれば、法定通貨価値はさらに高くなることになります。

相場が、底の底の時に始められたのはある意味、感謝。通貨下落で悲しむ必要がなくて済みますから。

コメントを残す