4月11日にシリア情勢の緊迫化で未踏の最安値4.2に到達した対ドルトルコリラ USD/TRY。
しかし、昨日はさらに最安値4.2を超えて、未踏の価格4.3手前まで最安値が進みました。

これを受け、対円トルコリラも、27円から25.5円を割れて下落。前回の最安値で踏みとどまっていますが、ドル円が110円から109円割れの円高方向に動いているため、今後、このラインを踏みとどまれるかが危うい状況です。

対ドルトルコリラをチャートで確認

まずは、対ドルリラの日足チャートです。
上述の通り、4.3手前までトルコリラ安が進行。既にチャートポイントとなる地点がないため、全く先が読めない状況です。

対円トルコリラをチャートで確認

一方、対円ではどうか?

以下は、トルコリラ円の日足チャートです。

1週間程前は27円手前まで上昇していましたが、一目均衡表の雲に上昇を阻まれ、その後、下落。現在は、前回の安値でも踏みとどまることができず、25.4円台に突入しています。
直近、ドル円は110円をピークに円高に転換。108円に突入する動きを見せており、さらに、トルコリラ円が最安値更新をしてもおかしくない材料がそろっているのが現状です。

トルコリラ円の売買動向は

では、トルコリラの売り/買いの売買動向はどうか?
残念ながら、現在の最新の売買動向データは4月24日分までとなっており、リアルタイムの状況はわかりません。

3月の下落時のことを考えると、ミセスワタナベの口座も傷つき、一部の人はロスカットとなっているかもしれません。最新データが発表される来週火曜日以降に確認したいと思います。

高金利通貨投資には口座選びが重要

ここからのトルコリラ円積立はありだと思います。どんなにチャートを眺めていても、底値を当てることはできません。
今ぐらいから、毎月少額投資をしていけば、スワップ金利を得ながら、差益も狙えるようになるのではないかと考えます。
高金利通貨投資は時間をかけて行うものですから、1日当たりのスワップ金利の高さが重要。
1日当たりのスワップが大きい以下の口座を使うのとそうでない場合とでは、金利のたまり方も大きく異なります。

GMOクリック証券【FXネオ】
FXプライム by GMO

不安な方は一気にポジションを持つのではなく、積立FXを行いましょう。一度に大きな額を投資するのではなく、例えば毎月月末に1万円、2万円といった額を積み立てればいいですね。
どちらもトルコリラ円28円なら、1万通貨、12000円以下の証拠金で始められます。

コメントを残す