4月11日にシリア情勢の緊迫化で未踏の最安値4.2に到達した対ドルトルコリラ USD/TRY。
しかし、昨日はさらに未踏の価格4.3を付けました。

これを受け、対円トルコリラも、先日の最安値をわずかではあるものの割り込み、最安値を更新。25.4円を割り込みました。

対ドルトルコリラをチャートで確認

まずは、対ドルリラの日足チャートです。
上述の通り、4.3までトルコリラ安が進行。既にチャートポイントとなる地点がないため、全く先が読めない状況です。キリのいい数字まで到達したので、ここを安値にトレンド転換してほしいものです。

とは言っても、今のところ、トルコリラに明るいニュースは何もありません。

対円トルコリラをチャートで確認

一方、対円ではどうか?

以下は、トルコリラ円の日足チャートです。

こちらもわずかながら、数日前につけた最安値を更新してしまいました。トホホ。

トルコリラ円の売買動向は

上記、アイキャッチ画像は、トルコリラ円の最新5月1日までの売買動向。

5月1日というと、4月11日の最安値に耐え、27円まで上昇したころ。価格が最安値から27円に向かうも買いポジションが増えていないところを見ると、上昇には懐疑的で、ポジションを増やさず静観してていたのではないかと想像されます。

安値更新した現在も様子見といったところなのでしょう。このまま25円つけちゃうかな~。

私もしばらく静観します。

とはゆうものの、高金利通貨の買いポジ準備はしておいてもよいと思う

現在、まだ底を見たとはいいがたい状況ではありますが、高金利通貨投資用口座を用意し、買いポジを仕込む準備をしておくことはありだと思います。
どんなにチャートを眺めていても、底値を当てることはできないわけですから、少額で積み立てるのもありだと思う。

高金利通貨投資は時間をかけて行うものですから、1日当たりのスワップ金利の高さが重要。
1日当たりのスワップが大きい以下の口座を使うのとそうでない場合とでは、金利のたまり方も大きく異なります。

GMOクリック証券【FXネオ】
FXプライム by GMO

不安な方は一気にポジションを持つのではなく、積立FXを行いましょう。一度に大きな額を投資するのではなく、例えば毎月月末に1万円、2万円といった額を積み立てればいいですね。
どちらもトルコリラ円28円なら、1万通貨、12000円以下の証拠金で始められます。

コメントを残す