中国421個の詐欺コイン調査からわかった!詐欺の3つの特徴

中国政府が主導した調査により、421個の偽仮想通貨が5月18日に発表されました。報告書によると、4月時点で発見された421個の偽仮想通貨のうち60%以上が海外のサーバーで運営されており、「発見と追跡が困難」だったとか。分析の結果、詐欺コインには3つの特徴があったとされています。

・いわゆる「ネズミ講」の運営形態に依存
・オープンソースのコードが無い
・合法な仮想通貨取引所で売買できないため、
それらの多くは店頭取引や一時的に作った偽のプラットフォームで売買

米SECも詐欺ICOサイトで投資家教育

ちなみに上記に関連する内容ですが、米SECが投資家教育で模擬サイト開設しましたが、SECが詐欺の特徴として挙げているのは以下の通り。

・誤解を招く曖昧なホワイトペーパー
・利益の保証の確約
・有名人の推薦
・生涯最高の投資チャンスが見る間に失われていく」カウントダウン・クロック

英語が苦手な日本人はぱっとみた感じでまさかSECが作った詐欺サイトとはわかりませんね。

仮想通貨詐欺対策以前に、スマホ・タブレットのセキュリティ対策してる?
個人情報から、金融口座情報、写真他まで、あらゆるあなたの資産データが入っているスマホ。
仮想通貨を守る以前に、スマホのセキュリティ対策が必須ですよ。

コメントを残す