下落が続く仮想通貨市場。なかなか厳しい状況です。
以下は、5月27日23:00ごろの24時間騰落マップですが、市場全体が大きく下落しています。

主要通貨ビットコインとイーサリウムのチャートの確認しておきます。

主要通貨をチャートチェック

ビットコイン BTC/JPY

ビットコインチャート

5月5日に107万円で頂点を付けて以降、一方的な下落が続いており、80万円付近まで下。現在、ちょうど、長期トレンドライン上に到達。下げ止まりが意識される水準です。
このトレンドラインがレジスタンスとして機能してくれれば反発となりますが、この水準を維持できなかった場合は、4月に底値69万円が意識されます。それでも下落が止まらない場合は、2018年大暴落後の最安値65万円付近までの下落を意識しないといけませんね。

イーサリアム ETH/JPY

イーサリアムチャート
ビットコインよりは値を保っているイーサリアム。
しかし、イーサリウムも200日線を維持できず急落。現在、一目均衡表の雲の上限に支えられて下落がストップしています。この水準が維持できなければ、雲の下限6万円が意識されます。

ビットコインのボラティリティ・ユニークアドレス共に低下中

最近、ビットコインのボラティリティが低下し、多くの人が市場から去ってしまった感じがします。
実際、ビットコインのボラティリティを見ると、30日間ボラティリティは現在2.93%。
年初から一方的に下落してきています。ただし、2011年からの推移をみると最低レベルといったわけではないですね。

ユニークアドレス数も低下しており、参加者が減っていることは一目瞭然です。

下げ止まりが確認できるようなら、BTCもETHも買い場か?

上で示した通り、ビットコインもイーサリアムも現在、重要なチャートポイントに位置しています。
この水準が維持できるようなら、ここが買い場となるのかもしれません。
買い増し購入を考えながら、様子を見たいと考えています。

暴落時の積立投資は強い!精神的苦痛を軽減しながら、資産が増やせます。
なお、Zaifでbitcoinを買う場合、bitcoinの取引手数料がマイナス、つまり0.01%分のお小遣いをくれます。

コメントを残す