※2018年8月9日更新
最新トルコリラ関連記事はこちら

経済不安で下落が止まらないトルコリラ。
5月23日には、対円では22円台、対ドルでは4.92まで急落し、過去最安値を更新しました。

あまりに急激なトルコリラの急落に対し、トルコ中銀は5月23日と6月7日に異例の利上げを実施。6月14日現在の金利は17.75%と異例の高水準です。
仮にこの金利で預け入れできるなら、100万円預けて1年ほおっておくだけで17.75万円の金利。これは、4.1年で金利が元本を超えることになります。

キーワード「トルコリラ」から見る市場状況

22円までの下落という未踏の領域まで下落が進んだトルコリラ。

キーワード「トルコリラ」で検索すると、以下の通り、ミセスワタナベ&ミスターワタナベの悲痛の叫びが聞こえてきます。

トルコリラ ブログ
トルコリラ 大損
トルコリラ 終わった
トルコ円 予想
スワポ 生活 ブログ
スワップポイント 生活 ブログ
トルコリラ下落理由
トルコリラ 最新ニュース
トルコリラ ロスカット

高金利狙い投資家が苦しんでいる様子が伺えます・・・
皆さん、いくらの時点からトルコリラ円スワップポイント投資を始めたのかわかりませんが、前代未踏のどん底にいますから、22円、23円で買い向かった人以外に、儲かっている人はいません。特にトルコリラ投資歴が長い人ほど大損度合いは激しく「私のトルコリラ投資は終わった…」と嘆いても仕方ありません。

最新トルコリラ関連記事はこちら

トルコリラ円売買動向(2018年6月)~ミセスワタナベの懐状況は?

昨年、2017年に高金利投資を始めた人の多くは、30円が大底ライン。落ちても25円までで、30円割れは買いスタンスでいたのではないでしょうか。何を隠そう、私chamiもそんな投資家の一人。
そのため、2017年のトルコリラ円が30円を割れて急落すると高金利通貨狙いのミセスワタナベの買いが入り、買いポジションが増加する傾向がありました。

しかし、下落は終わっていませんでした。
22円までの大幅下落は想定外だったのか、買いポジションは大きく減少。高金利スワップ派の投資家の資産が大きく傷んだと考えられ、買い意欲も小さい状況です。

まだ余裕があり、情勢を見ながら買いタイミングを待っている人もいるでしょうか、強制ロスカットで退場した人もいることでしょう。


トルコリラ政策金利推移(2018年6月まで)、金利17.75%は未踏の高金利

さて、ここまで悲観的なことばかり書いてきましたが、高金利投資家にとってはうれしいニュースもありました。政策金利の上昇です。
トルコの政策金利2018年6月現在17.75%
6月7日には1.25%の追加利上げで、17.75%となっています。
前回、最高金利を付けたのは2008年7月~19月の16.75%ですから、ここ10年では最高金の異例の金利水準です。前回に習うなら、ここから数ヵ月は最高金利を維持することになりそうですが、選挙結果によっては変化があるかもしれません。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 8.00 8.00 8.00 8.00 16.50 17.75
2017年 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00 8.00
2016年 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 8.00 8.00
2015年 7.75 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50 7.50
2014年 10.00 10.00 10.00 10.00 9.50 8.75 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25
2013年 5.50 5.50 5.50 5.00 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50 4.50
2012年 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75 5.50
2011年 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 6.25 5.75 5.75 5.75 5.75 5.75
2010年 6.50 6.50 6.50 6.50 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 6.50
2009年 13.00 11.50 10.50 9.75 9.25 8.75 8.25 7.75 7.25 6.75 6.50 6.50
2008年 15.50 15.25 15.25 15.75 15.75 16.25 16.75 16.75 16.75 16.75 16.25 15.00

最新トルコリラ関連記事はこちら

最高金利水準でトルコリラのスワップポイントはいくらついているのか?

下落激しい一方で、もし、今の水準が底値、トルコリラ下落も終わりとするなら、魅力的な金利がついていることも事実です。
では、スワップポイントが高いFX会社ではどのぐらいスワップ金利がついているでしょうか?

調べてみたところ、政策金利がUPしたことで、各社全体的にスワップポイントもUPしています。

会社名 スワップ
金利
スプレッド 最小
取引数量
備考
ヒロセ通商 99→108円 1.9銭 1000通貨 スワップ金利で選ぶならここ!
マネーパートナーズ 106→107円 1.9銭 100通貨
トレイダーズ証券「みんなのFX」 106→106円 1.9銭 1000通貨
GMOクリック証券【くりっく365】 100→102円 2.9銭 1万通貨
SBI FXTRADE 91→97円 4.8銭 1通貨 資金が少ない場合はココ!
FXトレード・フィナンシャル 83円 15~50銭 1万通貨
セントラル短資FX 80→80円 2.5~6銭 1万通貨
FXプライム by GMO 82→80円 4.8銭 1000通貨~

高スワップ会社を選べば、実質金利は約16%

ここで、スワップ金利の違いが1年の運用でどのぐらいの金額差となって現れるか確認してみましょう。

スワップ金利は最高108円~80円と差があるので、レート24円、1万通貨をレバレッジ1倍で1年保有した場合の違いをシミュレーションしてみました。

①スワップ金利105円の場合
必要証拠金 (A):1万通貨×24円=240,000円
1年間の金利(B):105円×365日=38,325円
実質金利  (C):(B)/(A)=15.97%

②スワップ金利80円の場合
必要証拠金 (A):1万通貨×24円=240,000円
1年間の金利(B):80円×365日=29,200円
実質金利  (C):(B)/(A)=12.17%

上記は、取引量1万通貨で1年間運用の例を示しましたが、10万通貨、20万通貨と取引量が大きくなると決して無視できる金額ではありません。スワップ金利が高い会社を選ぶことが必須です。

なお、最大レバレッジは25倍ですので、最低証拠金は1万通貨あたり、9,600円で済みます。

フルレバレッジの運用は危険すぎて絶対にオススメできませんが、レバレッジ2~3倍程度の運用なら今のトルコリラ水準を鑑みれば口座が破綻することにはならないと考えられます。
今後もしばらく停滞し続ける可能性は十分ありますが、停滞している間にも金利はたまっていきます。

不労所得:高金利トルコリラ投資で1ヵ月10万円の金利収入を得るには

では、ここで10万円の不労所得=金利収入を得るためには、どのような投資をしたらいいか考えてみます。

ここでは切りよくスワップ金利は100円と設定、トルコリラ円レートは24円とした場合を考えます。

必要ポジション量:100,000円/(30日×100円)=33.4万通貨

必要証拠金(レバレッジ1倍):33.4万通貨×24円=8,016,000円
必要証拠金(レバレッジ3倍):33.4万通貨×24円/3=2,672,000円
必要証拠金(レバレッジ25倍):33.4万通貨×24円/25=320,640円

300万円でトルコリラの外貨定期を組みたいと思っているような方なら、FXでレバレッジ3倍弱の運用で月10万円の不労所得が得られそうですね。

口座&資金を用意し、次に下落した際に、底値買いトルコ投資を始めてみてはいかがでしょうか?

スワップ金利最強!スプレッドも狭い!
3年連続織り込ん顧客満足度No.1 【ヒロセ通称】

最新トルコリラ関連記事はこちら

コメントを残す