▼シェア&フォローする▼

論理的には説明できないものの、比較的頻繁に繰り返される市場の法則=アノマリー
根拠はわからずとも、市場の習性も考慮してすることは、相場の世界で生きる残るためには非常に重要です。

5月のアノマリーは相場格言としてもよく知られている「Sell in May(セルインメイ)」

意味は、「5月に売って相場から逃げろ!」になりますが、毎年ゴールデンウィーク前の4月から株価暴落が意識されます。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

Sell in May。なぜ、5月に相場は下落しやすいと言われるのか

5月に相場急変が起きやすいとされる理由は、ヘッジファンドが5月末を中間期末としており、決算を前に利益を確定させるために手仕舞いを行うからと言われています。

実際には、ヘッジファンドの決算対策以降、相場が夏枯れしてしまう夏休みなどが続き、6月から9月は軟調な展開になる傾向があります。

2017年頃から、長期上昇相場の終焉が意識されながらも、高値圏に位置する株価。
米国株式が世界経済を引っ張んてきましたが、今年もその勢いが続くのか、不安な状況です。

Sell in Mayには続きがある

さて、「Sell in May」格言には続きがあります。

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

5月に売ってセント・レジャー・デー(9月第2土曜日に行われる競馬レース)まで戻って来るな

「相場が高い5月に売って、相場が動意づきやすい9月に買え」ということになります。

この格言は、一般的に当たりやすい傾向があります。
上述したように、夏は、トレーダーが夏休みに入り、取引量が落ちて「夏枯れ」状態になり、勢いを失った相場がダラダラと下落しやすいからです。トレーダーが夏休みから戻る9月頃からは取引量も戻り、トレンドが出やすい傾向があります。

2019年秋、注意すべきは「消費税増税」

さて、今年はどうなるのか?

日本特有の事情として、2019年10月からは消費税増税が待ち受けています。

消費税増税に合わせて、キャッシュレス化も進めつつ、ポイント還元で景気の底座冴えをする策が打たれる方針ですが、「景気」という感じが示すように、景気は「気分」に大きく左右されます。

増税、特に、消費者にとって、都度支払い時に実感する「消費税」の値上げですから、いくらポイントがつこうが、消費は手控えられ、結果、景気は沈むと考えるのが妥当でしょう。

消費税増税 2019年10月より8%→10%に

リーマンショックから10年以上が経過

リーマンショックが起こったのは2008年9月15日。あれから10年。

リーマンショックで株価がボトムを付けて以降、2018年中盤までは米国株式はほぼ一本調子に上げてきました。しかし、高値圏で不安定感が出始めています。

以下は日経平均の長期チャート。日経平均の最高値から最底、そして、アベノミクス上昇場~現在までを表しています。さて、今後はどうなるでしょうか。

日経平均長期チャート

Chamiは上げたら売り目線

私Chami(@poststand)は、結果的には早すぎましたが、2017年から株式のポジションは徐々に売却。現在は「(株価が)上げたら、売り」の目線で取引しています。

下落に向けてインバース(ベア)型のETFを買う方法もありますが、少ない原資で投資に参加できる株式指数CFDを売る方法で、準備を備えています。

一般的に投資家は売りが苦手。暴落で儲けられたら、自分の投資が上達した証かなと思っています。

う~ん、一度、暴落で大儲けしてみたい!