お金という呪縛:人はなぜ、1万円札を破ることができないのか?呪縛から解放されるには?
▼シェア&フォローする▼

人生の悩み事の多くは「お金」にまつわるもの。間接的には9割の悩みは「お金」ともいわれます。

何故、人は、これほどまで「お金という呪縛」にがんじがらめになってしまうのか?

ブログ管理人のChami( @poststand)自身も、日々、何らかの形でお金に拘束されて生きています。「1万円札は原価約20円の紙切れ」であるとわかっていても、破ることができないのもその1例でしょう。

ではなぜ、1万円札を破ることができないのか?
どうしたら、お金の呪縛から解放されるのか?

私もかつては、1万円札が破れませんでした。
しかし、ふと「ある本の教え」を思い出し、同じことにトライしてみたら抵抗なく破れました。昔より「お金に対する恐怖」「お金の呪縛」が和らいでいると実感できました。

今回は、「お金の呪縛からの解放」について書いてみたいと思います。

3ヵ月無料申込は【6/16まで延長!】
在宅ワーク音楽♪は相性が良い。
未体験なら、仕事のバックグラウンドミュージックに
事前に解約方法を知りたい場合はこちら

著書「君は1万円札を破れるか?」(苫米地 英人 著)(★5)

kindle Unlimited【5/16~】2ヵ月199円/299円キャンペーン ※対象者価格はクリック先で確認!

created by Rinker
¥972 (2020/06/04 07:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

本来、お金とは、単なる価値を交換するための道具。

米国がドルを刷りまくっているように無限に作り出せるものであり、中央銀行が通貨発行権を握り、恣意的にマネーサプライの増減させることができる=簡単に価値を操作できるものです。しかし、人は、お金に対し、絶対的な価値があると認識しています。

このような状態に、著者は、世界の支配者たちによって民衆に仕掛けられている経済的な「洗脳支配」世界中の富を一手に収めるための好都合なカラクリに他ならないと説明。お金の本質と支配(洗脳)のカラクリに迫っています。

本来のお金の機能

経済学の教科書には、お金の機能は、「交換媒体、価値尺度、価値保存」の3つと説明されています。しかし、実際は、お金を発行する権限を権力者が握った段階で、お金には「支配の道具」という機能が加わっています。これは「信用創造」という錬金術であり、これが現代の資本主義を牛耳っているのです。

「信用創造」でどんどん膨らむお金
「信用創造」でどんどん膨らむお金

なぜ1万円札を破ることができないのか?

古代において、金欲の正体は「飢餓への恐怖」でした。しかし現在は、「飢餓への恐怖」「快適さや満足を得たいという欲求」がごちゃ混ぜになり、「お金がないと不安」という心理がより強固なものになっています。

つまり、お金を絶対的な価値基準としてとらえる癖が染み付いてしまっているため、「お金の価値は変わらず、モノの価値の方が上下している」と錯覚してしまう。

筆者は、お金の洗脳を解く第一歩として、お金に絶対的な価値はないことを認識し、1万円を破ってみようと読者に提案します。

支配者は「安定」を望まない

経済が安定し、皆幸せに暮せること。普通の人は、このような環境が誰にとってもハッピーと考えます。しかし、経済的支配者にとっては、世界経済が安定的に成長することは望ましいことではありません。

理由は、経済支配者は、バブル、大恐慌、戦争が起こらないと儲けるチャンスに恵まれないから。近年の約10年ごとに起こる世界恐慌も、その後の世界経済の覇者をめぐって、なかば意図的に引き起こされているのです。

闇の経済支配者は「安定」を望まない
バブル&バブル崩壊は儲けの源泉
闇の経済支配者は「安定」を望まない

人と煩悩。悲しい性(さが)。そしてそれを利用する者たち

人はなかなか煩悩(欲)を捨てられません。

しかし、この煩悩を巧みに利用しているルールの支配者・権力者がいます。

我々は、そろそろ

  • 煩悩が第三者によってコントロールされ、支配するための道具して使われているという事実
  • 資本主義社会における「成功」ばかりを追い求めると、ますますお金の奴隷と化すという事実
  • に気が付きましょう。

    真の「自由」とは

    「お金の呪縛から解放されたい、自由になりたい」と多くの人が思っています。

    釈迦の教えでは、【「自由」とは、「自らを由(よ)りどころとし、他のものを由(よ)りどころとするなかれ」】と説きます。

    つまり、思考や行動の判断基準を自らにおくということです。「お金から自由になる」には、「お金」というモノサシから自由になることが大事なのです。

    最後に

    お金はしょせん「紙(かみ)」。
    みんなからの「信用」があるため、価値が担保されているように見えますが、「神(かみ)」ではありません。

    私は、1万円を破ってみて、「単なる紙じゃん」と思えたことで、少し気持ちが楽になりました。確かにお金は必要ですが、必要最低限でも幸せに楽しく生きる方法はあります。そんな気持ちになれば、満員電車に乗って毎日会社に通うだけが人生だけでないと思え、楽に生きられます。

    今、私は、企業人を止め、個人事業主となり、基本的に自分が好きなことをして暮らす生活に切り替えました。今の時代なら、それができます。とても幸せな時代となりました。

    kindle Unlimited【5/16~】2ヵ月199円/299円キャンペーン ※対象者価格はクリック先で確認!

    created by Rinker
    ¥972 (2020/06/04 07:09:11時点 Amazon調べ-詳細)