相場が混乱しやすいと言われる「水星の逆行」が3月23日より始まります。

対象期間は、3月23日~4月15日です。

水星の逆行とは

水星は、1年間に約3回、約3週間にわたって逆行しますが、この期間、相場の方向感がはっきりせず、不安定で落ち着かない傾向があります。この期間は以下のような状況になりやすいとされています。

水星の逆行現象
・勘違いや誤解または、情報伝達に不具合が生じやすい。
・メールなど通信トラブルや電化製品・電子機器のトラブルが発生しやすい。
・交通機関が乱れやすい。
・物事がスムーズに進まず、見直しややり直しが生じやすい。
・株式相場、為替相場が荒れやすい。方向感がコロコロと変わりやすい。

星の位置で相場を占うなど納得いかないとお考えになられるかもしれませんが、このアノマリーが、相場の世界では一定量浸透しているため、その前に危険を避けようとするからかは分かりませんが、相場が不安定化しやすいです。無理な取引はしないように注意をしましょう。

水星の逆行期間の相場戦術

相場つきが不安定になるので、短期売買に徹して、有利な方向に相場が動いている場合はすぐに手仕舞いをした方がいいとされています。

重要変化日の少し前から、相場転換に注意をし、大きなポジションをとることを避けましょう。

レイモンド・メリマン氏の相場サイクルを学ぶ本

コメントを残す