Fundstrat Global Advisors社のリサーチ責任者、トーマス・リー氏の2018年3月20日付けの記事「‘Bull, bear, purgatory, repeat’—This chart of cryptocurrency cycles shows the carnage may be over for nowが興味深いのでリリースします。

記事よると、「ここ数週間の間に仮想通貨市場を襲ったベア相場は終わりに近づいている可能性がある」と示唆しています。

相場はブル、ベア、膠着の繰り返し。サイクル(期間)的にベア相場は終わり

上述の通り、記事よると、「ここ数週間の間に仮想通貨市場を襲ったベア相場は終わりに近づいている可能性がある」と指摘。

典型的なアルトコインは、「ブル相場→ベア相場→膠着相場」を繰り返します。下図は、その周期を図式化したものですが、アルトコインの場合、以下のような特徴があります。

・ブル相場、ベア相場の期間はおおよそ一致している
・ブル相場、ベア相場に比べて膠着相場は長い

只今、2017年11月~のバブル相場の上昇期間と同等の下降期間が経過

上記ポイントを、現在の相場で確認してみます。以下は、現在のアルトコインのチャートの状況です。

2017年11月12日に始まった上昇相場は2018年1月13日にピークアウトしました。この間にかかった日数は62日。そして、2018年1月13日から直近までに、およそ同等の期間が経過しています。

これらの状況を鑑みて、分析者であるリー氏は、アルトコインの弱気相場も終わりを迎えたのではないかと結論づけています。

Chamiの投資戦略

chamiも当ブログで発信している通り、今が大底だと思っており、数ヵ月寝かせて置ける資金があれば、今、アルトコインに財を投じておけば、利益につながると思っています。

ただ、注意としては、アルトコインの膠着時間はやや長いということです。2017年の暴落後に毎回起こったことは、「暴落を主導するのもビットコインなら、価格上昇を主導するのもビットコイン」「ビットコインの上昇が止まったころに、ビットコインからアルトコインへ資金が流れ、アルトコイン祭りが開催される」ということです。

結論として、
・ゆったり待てるなら、アルトコインに今がっつり投資。(ビットコインの上昇率以上に値上がり)
・ゆったり待てないなら、ビットコインに投資

かな。と思います。

ただし、アルトコインは何を選ぶかが大事。私ならETH、XPR、BCHを選びます。コツコツ積立投資もオススメです。

仮想通貨の積立投資ならZaif(ザイフ)

コメントを残す