Ethereum(イーサリアム)からハードフォークした通貨であるEthereum Classic(イーサリアムクラシック、ETC)が強い動きを見せています。

理由と思われるのは、1月半ばからちらほら話題になっていますが、2018年の3月頃にETCがハードフォークし、新通貨カリスト(Callisto/CLO)が誕生するから。このハードフォークは、5500000ブロックで実施され(およそ3月5日頃)、そのタイミングにETCを所有している人に対し、CLOが1:1で付与されます。

ETCのハードフォークと新通貨カリスト(Callisto/CLO)の特徴

上述の通り、ブロック5500000にて、ETCがハードフォーク。ETC保有者に対し、1:1の割合で新通貨Callisto(CLO)がAirdropされます。

さて、では、新通貨カリストとはどのような通貨なのかですが、Ethereum Classic開発チームの発表によると、以下のような特徴を持っています。

  • イーサリアムプロトコルをベースにした独自のブロックチェーン
  • スマートコントラクトをベースにしたオンチェーンガバナンスシステムの構築を目指す
  • サイドチェーンとしてイーサリアムクラシックのブロックチェーンとカリストのブロックチェーンは双方向のやり取りが可能(クロスチェーン)
  • カリストスマートコントラクトを使用してイーサリアムクラシックチェーンの帯域幅の簡素化を可能にする
  • コールドステーキングプロトコル(cold staking protocol)の導入により、CLOホルダーには一定の金銭的インセンティブが与えられる
    ※ETCはマイニングにより管理がされるため、ETCホルダーに金銭的インセンティブなし

コールドステーキングでは、CLO保有者がCLOコインを十分な期間(既定では1ヶ月)の滞留期間にわたって保有している場合に、CLOホルダーに金銭的なインセンティブが発生するとされています。

上場取引所は今のところ不明

ETCのハードフォークでカトリス(CLO)を得たい場合は、まずは、ETCを保有しておかなければなりません。

現在の、ETHの価格の目安は以下の通りです。

売却には取引所が必要になりますが、現時点でカトリスが上場する取引所は発表されておりません。
ただ、過去の例を見ると、新通貨の取り扱いが高いBinanceあたりが早々に対応してくれるかもしれませんね。

coincheckの件もあり、日本の取引所で取扱う通貨が減るとともに、今後、新しい通貨の承認もかつてのように容易ではなくなるでしょう。つまり、新しい日本国内ではなかなか新しい通貨を売買することが難しいと考えられます。
残念ながら、現在、binanceは日本当局からの指導もあり日本語対応がなくなってしまいましたが、googleの日本語翻訳などを利用すれば大きな支障はでないと思います。

投資は自己責任になりますが、将来性のある仮想通貨を取引したいと考えるなら、口座を持つことをおすすめします。

Binance公式ページ

コメントを残す