昨日も順調な回復を見せたビットコイン。
アルトコインを巻き込み仮想通貨全体を大暴落させるも、ビットコインは最安値65万円から115万円台まで回復。

いつもの通り、大暴落を主導したのはビットコインで他のアルトコインを巻き込み暴落しましたが、現在は、他のアルトコインに先んじて、しれっと上昇しています。
傷ついたアルトコインの立場から見れば、「ビットコアニキ~、そりゃないよ。暴落は道ずれにするのに、自分だけサクサクっと元に戻っちゃうなんて…」って感じです。

昨日の仮想通貨上昇率マップ。やはり、ビットコイン強し

以下は深夜3時ごろに仮想通貨上昇率マップ。
主力アルトコインに比べ、ビットコインの上昇率が高いですね。やっぱり、アルトコインよりもビットコインの方が上昇力が強いです。

BTCとETHのチャートも確認

以下は上:ビットコイン、下:イーサリアムの日足チャートです。
チャートには以下の指標を描き加えています。
・一目均衡表
・200日線

ビットコインチャート

イーサリアムチャート

やっぱり、ビットコイン、強いですね。

恐ろしい暴落を経験し、怖い怖いと皆が投資を躊躇しているうちに、するすると上昇し、投資チャンスを失う。
これ、いつものことですね。

仮想通貨を扱うヘッジファンド、大口投資家などが増え、市場はますます大人な市場へ

ビットコイン先物の登場など、ビットコイン価格へのヘッジを行う手段が増えたことで、仮想通貨を扱う大口投資家やべっじファンド数が増加。その結果、上昇するときの下落するときも値動きが激しくなるなど、投資初心者が養分になりやすい大人な相場になりつつある仮想通貨市場。

ポジショントークあり、巨大な資金を使って相場の急騰しかけ・下落じかけもありですので、初心者は彼らに翻弄されないようにしないと、仮想通貨市場で生き残っていけないでしょう。

そのためには、自分の投資スタイルをしっかりもつことが大事。

短期なのか、長期なのか、或いは、どんなタイミングで投資をし、どのタイミングで利食うのか、自分の戦略をもって動かないと、やられてしまって市場から退場となってしまうことでしょう。

Chamiの今後の投資スタイル・戦略は

私は、ブロックチェーンが浸透し、消費・経済が変わっていくのはこれからだと思っているので、長期投資スタンス。

銘柄はビットコイン、イーサリウム、リップル、メム、ビットコイン・キャッシュを中核としつつ、一攫千金用のICOにも広く参加していくというのがスタイルです。

昨年までは利益確定しないアホールダーでしたが、今年は、草コイン系急騰銘柄は、急騰したら全部、或いは半分を利益確定していくスタイルに変えたいと思います。

投資スタイルは人それぞれ。向き・不向きがあるので、自分のスタイルを早期にみつけて養分にならないようにしてくださいね。

まだ、口座を持っていないとは、とにかく、開いて少額投資を始めてみましょう。暴落後の今なら、まだまだ投資しやすいタイミングなのですから。
XEM流出で分かった通り、取引所も一ヶ所に集中すると、いざというとき動けなくなってしまうこともあり得るので、複数の口座を持ち、分散投資しましょう。

要Check! ツイッターでもつぶやいているので、良かったらご登録を!

コメントを残す