本日はもう1本。HowMuchの記事を取り上げます。

JPモルガンのお偉いさんなど銀行関係者が仮想通貨に対して否定的な意見を述べ、相場に影響を与えることはよくあること。

彼ら銀行はなぜ仮想通貨を嫌うのか?

その理由を、以下の記事から紹介します。
Visualizing Why Banks Hate Cryptocurrencies

仮想通貨におびえる銀行

記事によると、銀行が暗号に反対しており、しばしば高すぎるボラティリティやマネーロンダリングに利用されるなど、仮想通貨に対して批判的な意見を述べるのか、その答えは、「彼らが新しく登場した仮想通貨におびえているから」

以下の図は、世界大手銀行(左)仮想通貨(右)の時価総額の比較図。

時価総額を比較すると、
仮想通貨全市場が米国最大の銀行JPモルガンに、
ビットコインが中国銀行に、
イーサリアムがモルガンスタンレーに
迫っていることを示しています。

仮想通貨の成長ペースを鈍化させたい銀行

あまりに、仮想通貨の市場が、これまで金融の世界に君臨してきた銀行の時価総額に迫っているため(あるいは追い越しているため)、銀行は、仮想通貨の成長ペースを鈍化させたいのです。

先物などを利用して売り浴びせたり、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止したりするのもその一つです。

ただ、個人的には、手数料が高い銀行なんてもういらない。店頭で長々待たされて口座開設なんていうのもあり得ません。

また、日本は他の先進国に遅れていますが、どんどんキャッシュレスで買い物ができる環境は整備中。私自身はきATMで現金を下ろすのも手間なので、できるだけクレジットカードや電子マネーで買い物を済ませます。財布に現金が3,000円しかなくても平気です。私のような人、増えていると思んですよね。

今の形での銀行存続など、世の中の流れが許しません。

コメントを残す