▼シェア&フォローする▼

本日、1月31日は満月

月が大きく見える「スーパームーン」
満月が1ヵ月内に2回ある珍しい月を示す「ブルームーン」
赤い月が見られる「レッドムーン」
の3つがそろう珍しい月になります。

相場と満月・新月には関係があり、相場が反転したり、加速する傾向があります。月で相場なんて占いのようでナンセンスのようにも思えますが、トレーダーの一定量が満月や新月を意識してトレードすれば、相場に動きが生じます。一般的に、前後3日間ぐらいは注意が必要と言われています。

満月とTOPIX

下図はSBI証券の「TOPXと満月日の関係チャート」です。
毎回ドンピシャという訳ではないものの、満月が株価の極小、極大値、加速点と重なる傾向があることがわかります。

TOPIXと満月(2007.1-2015.3)

レイモンド・メリマン氏の相場サイクルを学ぶ本

世界的に有名なサイクルアナリスト(相場サイクルの理論)兼アストロロジャーであるレイモンド・メリマン氏が解説する相場サイクルの基本解説書です。
毎年発行され注目される「フォーキャスト」にも繋がる相場サイクルの理論がわかりやすく解説されています。相場の動きを見極めるための必読書となっています。
Kindleunlimited会員なら無料で読めますよ。

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
バツイチ、会社役員、AFP資格保有者。

身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナなど多彩。

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼
最新情報を受け取る: Chamiをフォロー feedlyをフォロー

メール・励ます  : メールメールする BlogRankingにほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

マルチモニターPCで効率的に仕事・投資をしよう!

コメントを残す