ビットコインの暴落と共に始まった仮想通貨の大暴落。

仮想通貨に限ったことではありませんが、株価/価格が高騰し、イケイケ・ドンドンで相場が盛り上がってい時に、相場の行き過ぎを判断できたら、大暴落に飲み込まれることを避けられます。

そんな判断の一つの指標として役に立つのが「対数チャート」です。

通常使用するチャートの欠点:錯覚

通常、表示に使うチャートは「いくら上下したか」を見るチャートですよね。

特に、値が一方的に上昇・下落した場合、直近の値幅変動が大きくなり、必要以上に相場が動いているような錯覚に陥ります。

ん?錯覚?とお思いのあなた。

例えば、1万円から1万円上昇するのと、その後、連続チャート上で、10万円から10万円上昇するのは、どちらも上昇率は100%で同じですが、チャート上の見た目は、「10万円から10万円」の方が、大きく上昇したように見えます。

このようなチャートの錯覚を防ぎ、「何円上下したか」ではなく「何%上下したか」を基準に目盛りをとったのが以下の対数チャートです。

対数チャート(ログチャート)とは

対数チャートとは、縦の目盛に対数目盛(log scale)を用いたチャートで、ログチャートとも呼ばれます。※方対数グラフとも言います。

特に時価総額が大きく上昇していくような長期株式チャートや変動率の大きい仮想通貨チャートなどでは、同じ価格変動幅でも、価格水準によって、値動き変動率が異なり、見た目のインパクトが異なります。

また、このようなときは、トレンドラインもうまく引くことができません。

しかし、この対数チャートを使うと、価格(Y軸)のパーセンテージ変動をうまくとらえることができ、相場の行き過ぎを冷静に確認することができます。

百聞は一見にしかずです。チャートで確認してみましょう。

ビットコインチャート、通常チャートVS対数チャート比較

仮想打通貨ビットコインの暴騰・暴落期間を通常チャート、対数チャートで見比べてみましょう。

なお、チャートには以下も一緒に表示をしています。
・200日線
・2017年9月の暴落を起点とするフィボナッチ線
・一目均衡表

ビットコイン:通常チャート

ビットコイン:対数チャート

通常チャートVS対数チャート比較

上記では、対数チャート上に1本青色の直線を書き足しています。
これはトレンドを示す線です。

この線を軸に見てみると、対数チャートでは相場が走りすぎたので、既定ペースに戻すために、行き過ぎ分の修正が入っただけであることがわかります。

既定ペース線より上にある時は下落に警戒、一方、既定ペースラインより下に位置するときに買い増しを行っていけば、効率的に資産を増やせます。

このように既定のペースから大きく上昇したときは価格の修正が入ることを前提に、どのぐらいまで、下落調整するかの判断するのに役立ちます。

仮想通貨は上にも下にも行き過ぎることを前提に、たまには対数チャートを眺めてみましょう!

コメントを残す