昨日、Coincheckとbitbankより発表のあったBitcoin Goldの付与対応。
本日、ZaifからもBitcoin Goldに付与に関する発表がありました。

Zaifの対応

以下が、Zaifのメール連絡の内容です。
「現時点では付与しない」と発表しています。
BitBankと同様の対応です。
簡単に言うと、最初は対応しないで様子。ただし、分裂時点の残高スナップショットは残して再検討するよ。そして、問題なければ付与するよということのようです。

BTGにおける対応について

下記の可能性があるため現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。
・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。
Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

※1:BTGのリプレイアタック対策が不十分なことに起因する、こちらで意図しない移動についてはこの限りではありません。

今後のBTGにおける対応について
弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

今後ハードフォークが起きた場合の対応について

弊社ではお客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の問題を考慮し、通貨の取り扱い可否を判断しております。
今後も仮想通貨のハードフォークは、様々な通貨で発生することが予想されています。今後、ハードフォークによって新通貨が発生した際にも、弊社の判断基準に伴い取扱い可否を判断してまいります。

やっぱり各社、同じような対応ですね。
今のところCoincheckの発表が最も付与に前向きな表現ですね。

コメントを残す