メリマンサイクル論とは、アメリカ人アナリスト 「レイモンド A メリマン」氏が提唱する「相場とサイクル理論」のことです。アストロロジー(金融占星術)を相場に応用しており、多くのトレーダーが彼の提唱する重要変化日を意識しながらトレードを行っています。
彼の予測が正しいからか、それとも、その予測に市場参加者が意識するからか、重要変化日前後には相場が大きく変化・加速することが多々あります。

メリマンの重要変化日(今月)

今月は重要変化日が明日3日に集中しています。今週は値動きに要注意ですね。
なお、重要変化日はその前後3日間も注視が必要ですので、前もって注意をしましょう。

2017年10月の重要変化日は以下の通り。

・ダウ      :10月3日
・日経平均    :10月3日、31日
・米国債券(T-NOTE):10月2日~3日(±5営業日)
・通貨(ドル円) :10月3日、6日
・貴金属     :10月3日
・原油      :10月6日~12日
・穀物      :10月3日(9月27日~10月11日)、10月30日

上記もあり、為替の主要通貨、ちょっとポジションを減らそうかなぁと考え、昨夜、以下のようにつぶやきました。

GBPUSDは重要ポイント付近まで下落したので、一旦利確

EURUSDは様子見

USDJPYは判断が難しい。。。半分利確するか悩み中

なお、私は以下の極狭スプレッドの口座で裁量トレードをしています。
口座開設で、もれなく500円もらえます。

コメントを残す