▼シェア&フォローする▼

最近、仮想通貨界隈にいる方だけでも耳にすることが増えてきた「ICO」

金融庁は2017年10月27日付けで、ICOが金融商品取引法の対象であることを示す「ICO(Initial Coin Offering)について~利用者及び事業者に対する注意喚起~」を通知しました。

注意喚起の内容

注意喚起の内容は、「利用者」「事業者」双方に対して記載されています。

利用者に対する注意喚起

利用者に対する注意喚起は、以下の2つ。
・価格下落の可能性
・詐欺の可能性
当たり前のことですね。

事業者に対するICO規制

事業者については、以下の規制です。簡単に要点をまとめると以下の2つになります。

・ICOトークンの交換を事業として行うには仮想通貨個往還事業者登録が必要
・トークンは金融商品取引法の規制対象になる

ICO事業に関係する事業者においては、自らのサービスが資金決済法や金融商品取引法等の規制対象となる場合には、登録など、関係法令において求められる義務を適切に履行する必要があります。登録なしにこうした事業を行った場合には刑事罰の対象となります。
(注)ICO において発行される一定のトークンは資金決済法上の仮想通貨に該当し、その交換等を業として行う事業者は内閣総理大臣(各財務局)への登録が必要になります。
また、ICO が投資としての性格を持つ場合、仮想通貨による購入であっても、実質的に法定通貨での購入と同視されるスキームについては、金融商品取引法の規制対象となると考えられます。

なお、現在、仮想通貨交換業者として金融庁に登録されている事業者は以下になります。

ICOトークンを発行した金融庁登録済みの仮想通貨交換業者と言えば…

さて、ICOを実施した仮想通貨交換業者と言えば、以下の2つですね。以下は安心してICOに参加できそうです。

テックビューロ(取引所はZaif):COMSA
・仮想通貨を使った資金調達を実現するICOプラットフォーム
・すでに90億円以上を資金調達
・トークンセールは11月6日まで(すでにディスカウント購入期間は終了)

QUOINE(取引所はQUOINEX):QASH
・仮想通貨市場に流動性を供給するLIQUIDプラットフォーム
・トークンセールは11月6日~

なお、これから始まる「QASH」に参加される場合は、事前にQUOINEの口座開設が必要です。
特に、最大の20%割引が適用されるプレセールは11月6日~8日までの3日間で、事前に口座を開設しておかないとチャンスを逃します。
以下のページで、口座開設&事前準備方法をまとめているので、参加を予定されている方はチェックしてください。