お金に働いてもらう!

これを実施するために、遅ればせながらcoincheck(コインチェック)で貸仮想通貨サービスを利用し始めました。

coincheckの貸仮想通貨サービス

coincheck「貸仮想通貨サービス」は、ユーザが仮想通貨をコインチェック自身に貸し付けることで貸付手数料が得られるサービスです。長期保有が前提なら、是非とも利用したいサービスです。サービス当初はビットコインしか貸付できませんでしたが、2017年6月16日以降はすべての仮想通貨※で利用できます。

貸付期間は4つあり、長期間になるほど年利は高くなります。

期間   利用料
14日間  年率1%
30日間  年率2%
90日間  年率3%
365日間  年率5%

例えば、ビットコイン10BTCCを年率3%で90日間貸出した場合、
[10BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.0739726BTC (48,082円相当@BTC価格65万円想定)
が利用料として支払われます。

3ヵ月貸すだけでこれだけの貸付料が得られるとすればかなり大きい利益ですね。しかもビットコインが値上がりすれば、実質的な円価格もUPします。

サービス利用のリスクと注意

非常によいサービスですがリスクがないわけではありません。銀行に定期預金として法定通貨である円を貸し付けるのとは異なり、万が一、coincheckが破たんした場合、貸付金及びその貸付料は返ってきません。その点は押さえて利用する必要があります。

もう一つ、こちらはリスクではなく注意ですが、サービス開始以来、リップル(XRP)はコインチェックの借入上限額を超える申請があるため、承認に時間がかると注意書きがされています。やっぱりリップルには信者が多いのだなぁと改めて感じさせられますね。

coincheck(コインチェック)ホームページ

貸仮想通貨サービスの設定方法

貸仮想通貨サービスを利用する場合は、以下のステップで設定を行います。

  1. 「取引アカウント」にある通貨を「貸仮想通貨アカウント」に振り替えます。
    ログイン後の画面内、右上にある「取引アカウント」をクリックし、「振替」を選びます。

  2. 下図のように資金の移動先を設定し、「資金移動させたい通貨量」入力と「通貨」選択の上、「残高を移動する」ボタンをクリックします。

  3. ログイン後の画面内、右上にあるアカウント選択から、「貸仮想通貨」を選び画面を切り替えます。その後、貸出可能額に仮想通貨が移動していることを確認の上、「コインを貸す」をクリックします。

  4. 「貸出期間」の選択、貸し付けたいコイン数量を記入します。また、貸出期間終了後も貸し出しを行いたい場合はチェックボックスにチェックを入れ、「BTCを貸す」ボタンをクリックします。

  5. この後、コインチェック側で承認が行われます。承認に時間がかかるのでしばらく待ちましょう。
    たの仮想通貨も同じように設定できるので、必要に応じ設定しましょう。

coincheckは現在ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所に成長しています。
他に比べてアルトコインの取扱い数が多いだけでなく、アプリも使いやすくて初心者には直観的に取引ができる点が人気です。もう一歩進んだ使い方をできていない方は多いと思うのです。
私はビットコインを筆頭に、coincheckで取扱いの銘柄は長期的には上昇すると考えているので、この貸仮想通貨サービスは是非有効に使ってほしいですね。

同じ考えに賛同できる方は、是非、この貸仮想通貨サービスを利用して、資金を増やしましょう!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す