▼シェア&フォローする▼

政治的な不安定さから一方的に下落してきたニュージーランドドル(NZドル)。

9月23日の総選挙以降、連立樹立の不透明感が原因で下落していたところに、第3党のNZファースト党が第2党の労働党を連立相手に選んだマイナスのサプライズで、売りが加速しました。

結果、NZドル/ドルは、昨日、今年5月11日から7月27日の上昇分を打ち消す0.681まで下落。完全に行って来いの相場になったので、ちょっとは反転するかなと思い、ちょっとNZドル/ドルを買ってみました。

NZD/USDの動きをチャートで確認

以下は、NZD/USDの日足チャートで、同時に一目均衡表と200日線(青線)を描いています。

上述した通り、9月23日の総選挙以降を境に下落相場入りし、昨日10月27日に行って来い水準まで下落してしましました。

Chamiは上昇相場が始まるポイントと同じ水準まで下落してきたので、少しぐらい反転してもおかしくないと判断し、少し買いポジションを仕込みました。

要Check! Chamiが使用するスプレッド極狭FX会社

EUR/USDはネックラインが決壊し、下落相場入り

今週、ユーロで重要な事項と言えば、ECBの発表。QEの期間を9か月間延長しつつ、資産買い入れ額を600億ユーロ⇒300億ユーロに減額。予想通りだったこともあり、ユーロは売られました。
その結果、ユーロドルEUR/USD。これまで踏ん張っていたネックラインをブレークし、下落してしまいました。

上記チャートの通り、ユーロドルの中期的な上昇トレンドは大きく一服となりそうですね。これまでの上昇の50%戻しと200日線の水準が比較的近い水準にありますが、これらが位置する水準まで下落してもおかしくないかなぁと、Chamiは考えています。

要Check! Chamiが使用するスプレッド極狭FX会社

NZドルとユーロドルの動きから面白そうなEURNZD

もし、ChamiのNZD/USDとEUR/USDの相場予測が正しいとすれば、面白そうなのが二つの通貨を掛け合わせた、EUR/NZD。
これまで、NZドルが一方的に弱いのに対し、ユーロドルは高値を何とか維持してきました。それが反転したわけですから、EUR/NZDは大きく反転するはずです。

以下は、EUR/NZDはこれまでの上昇相場から、下落していますね。かなり高い水準にいますので、大きく下落しても全く不思議な気がしませんね。

チャート形状的には、少なくとも緑の下値トレンドラインか、一目均衡表の雲の上限までは下落すると見ますが、皆さんはどう見立てますか?
要Check! Chamiが使用するスプレッド極狭FX会社