国民が知らぬ間に値上げが進む年金、介護などの社会保険制度

毎年、少しずつ社会保障制度は引き上げられていますが、特に狙われているのが厚生年金を払うサラリーマン。自営業などが加盟の国民年金が自主的に年金を納付しているのに対し、サラリーマンの場合は給与から天引きされるため、年金制度に関心が薄く、支払額も把握していない人が多数いるのが現実だからです。

2017年に変更される社会保険制度の概要は以下の通り。詳しく見てみましょう。

(1)年金受給資格が25年から10年に短縮
(2)厚生年金保険料が値上げ
(3)介護保険料が値上げ(総報酬割制度が導入)

年金受給資格、25年から10年に短縮

今年の社会保障制度見直しで、最もインパクトが大きいのが年金受給資格期間短縮。これまで年金を受け取るには、25年以上納付期間がある(免除期間も含む)ことが条件でした。しかし、8月からは、この期間が10年に短縮されます。

サラリーマン中は強制加入となる厚生年金ですが、離職などにより自ら国民年金を収めておらず、納付期間が25年に達していなかった人には朗報です。今回の短縮措置により、約40万人が初めて年金の受給資格を得ることができます。

ちなみに、現在、国民年金は40年間の納付に対し、受取年金額は月額約6万5000円。加入期間が10年の場合は毎月約1万6000円となります。

厚生年金保険料がアップ

これはまさに社会保険料が給料天引きであるサラリーマンが狙われた社会保険料アップの一つ。毎年のことですが、厚生年金保険料は値上りします。

厚生年金は労使折半の規定により、半分が本人負担、残りの半分が会社負担となりますが、この厚生年金の保険料率が2004年の法改正以降、毎年9月に少しずつアップしています。そのため、現在は保険料率が18.182%ですが、9月以降は18.3%(0.354%UP)に引き上げられます。

ちなみに保険料率は以下のように上がっています。
平成16年10月~平成17年8月 13.934%
平成17年 9月~平成18年8月 14.288%
平成18年 9月~平成19年8月 14.642%
平成19年 9月~平成20年8月 14.996%
平成20年 9月~平成21年8月 15.350%
平成21年 9月~平成22年8月 15.704%
平成22年 9月~平成23年8月 16.058%
平成23年 9月~平成24年8月 16.412%
平成24年 9月~平成25年8月 16.766%
平成25年 9月~平成26年8月 17.120%
平成26年 9月~平成27年8月 17.474%
平成27年 9月~平成28年8月 17.828%
平成28年 9月~平成29年8月 18.182%
平成29年 9月~平成30年8月 18.300%

※値上げは、18.3%を上限として終了。以降は、18.3%が継続される。

介護保険料が値上げ(総報酬割制度が導入)

介護保険は、40歳以上が被保険者として保険料を負担する制度です。被保険者以外に国や都道府県、市町村も費用の半分を拠出しています。2017年8月からこの制度に総報酬割制度が導入され、収入に応じて保険料を負担する仕組みが加わります。

この制度は、所得の高い被保険者の負担がアップ、一方で所得の低い被保険者の負担は減ります。厚生労働省の試算によると、保険料の負担が増える被保険者は1272万人、負担が減る被保険者は1653万人となっています。

老後資金を自ら形成する努力を!

国民年金などの社会保険制度は正直どうなるかわかりません。だからこそ、年金には加入しつつも、老後資金を自ら作る努力が必要。

税金を大幅に削減(普通はほとんどなし)し、資産形成ができる確定拠出年金は絶対利用すべき制度と考えます。
まだ利用していない方は、どのように活用したらよいか、ポイントをまとめたので、是非、参考にしてください。

iDeCo基本情報
NISAと確定拠出年金(iDeCo:イデコ)、どう使い分けると良い?
30才独身会社員ならiDeCo(毎月2.3万円掛金)で2000万円が貯まる!?
iDeCoで資産形成!運用利回り5%を実現するポートフォリオと金融機関はこれだ!
期待収益率の差で、1千万円以上の差がつくiDeCoのポートフォリオ
iDeCoで長期投資:資産分配バランスが崩れた時のリバランスはどうする?

iDeCoオススメ金融機関別情報
iDeCoでの資産形成にはSBI証券or楽天証券がいいらしいけど、選ぶならどっち?投資すべき金融商品も解説します!
iDeCoで始める資産運用:投資すべき具体的な金融商品とその割合はこうだ!【SBI証券編】
iDeCoで始める資産運用:投資すべき具体的な金融商品とその割合はこうだ!【楽天証券編】

iDeCo おすすめ本
【書評】「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 個人型確定拠出年金の超・実践的活用術(朝倉 智也 著)(★5)
【書評】お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?(坂下 仁,宮大 元 著)(★4)

コメントを残す