▼シェア&フォローする▼

高金利通貨と言えば、南アフリカランドやトルコリラを思い浮かべる人が多いと思いますが、徐々に金利が上昇し南アフリカランドと同等の高金利になった通貨があることをご存知でしょうか。

それは、メキシコペソ
2015年11月末までは政策金利は3.0%で推移していましたが、2015年12月より金利が上昇。徐々に金利が上昇し、直近では2017年6月に金利が0.25%引き上げられ現在の政策金利は7.0%にです。

この度、マネーパートナーズが、高金利通貨メキシコペソ円の取扱いを、本日7月17日より開始。スプレッドも0.5銭と業界最狭水準です。トルコリラ円の取扱いに続いての高金利通貨の取扱い開始に注目です。

まずは、高金利通貨について知ろう。高金利通貨ランキング 2017年6月

以下は、2017年6月現在の政策金利ランキングと金利推移です。

各国政策金利
ブラジル 13.00%
トルコ  8.00%
南ア   7.00%
メキシコ 7.00%
NZ   1.75%
豪州   1.50%
日本   0.10%
政策金利の推移

メキシコペソは2015年12月以降、段階的に金利を上昇していますね。現在の日本との金利差は約7%もあります。

分散投資のセカンド通貨ペアとしても魅力あるメキシコペソ円

メキシコペソ円の魅力は高金利ですが、それだけではありません。以下のような魅力があります。

分散投資に役立つセカンド投資ペア

FXのメイントレードといえば、ドル円やユーロドルなど、世界的にも取引量が大きい通貨で、それらの値動きは深く連動しています。
しかし、メキシコペソ円はこれらと異なる値動きをするため、分散投資のためのセカンド通貨ペアとして役立ちます。

今だ底値圏。値幅とスワップポイントの両狙いが可能

メキシコペソはリーマンショック時に大きく値を下げて以降、いまだ十分な上昇がみられず底値圏で停滞中の通貨です。現在は2016年11月に底を打ち、上昇中ですが、タイミングを見て投資を開始すれば、値幅とスワップポイントの両方を狙える通貨です。
2017年6月現在は6円台と低いため、マネーパートナーズの場合、1万通貨あたり最低必要証拠金が4,000円※で済みます。
※前日終値が5円以上10円未満の場合
マネーパートナーズで高金利通貨メキシコペソ投資!

メキシコペソ円 月足チャート

メキシコの現状とメキシコペソ抱えるリスク

メキシコは地理的にも近いことから米国経済・政策の影響を強く受けます。トランプ政権誕生時は、米国-メキシコの間に壁を建設するといったトランプ発言もあり、メキシコ経済も危ぶまれました。しかし、その後、「トランプリスク」は後退。直近では、国とメキシコの両首脳は、初の会談で北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉入りを合意。大幅な修正はないとされたことで、トランプリスクはさらに後退。それが、メキシコペソ円が底値圏からの上昇を後押ししています。
また、世界有数の産油国でもあり、原油価格の変動はメキシコペソにとって大きな変動要因となります。

高金利通貨であり新興国でもあるメキシコペソは将来の経済成長への期待も高いですが、まだまだ新興国通貨の中でも脆弱とみられる通貨に挙げられていることも事実のため、そのリスクは十分鑑みて投資をしましょう。

マネーパートナーズで高金利通貨メキシコペソ投資!