現在の日本は、景気拡大局面、バブル期超えの53カ月で戦後3位なんだそうです。

内閣府は6月15日、有識者で構成する「景気動向指数研究会」を開き、消費税率を8%に引き上げた2014年4月以降も景気は後退局面に陥らなかったと判定。
これにより、安倍政権発足時の12年12月に始まった景気の拡大局面は今年4月までで53カ月に到達。バブル期(51カ月)を抜いて戦後3番目となりました。

ちなみに戦後の景気拡大期上位2位は、以下の通り。
1位:2002年2008年(73ヵ月)、小泉純一郎政権時
2位:1965~1970年(57ヵ月)、いざなぎ景気

現在の景気拡大が8月まで続けば2位に並びますが、まったく景気が拡大している実感がありませんね。
日経平均を含む世界の株式だけが総じて高い。急落するよりはじりじりと上値を追いそうな雰囲気はありますが、ここから株式の上値を買っていく気はしません。私は急落から逃げるのが下手ですので、現在の相場ではすでにいいところまで下落が進んでいるように見える「金」や「原油」に注目中です。

ゴールド、一目均衡表の雲、トレンドライン到達でで反発の兆し

以下は「金」の日足チャートです。
只今、一目均衡表の雲に到達。同時にトレンドラインにも到達し、反転しそうなチャート形状になっています。そこで、昨日、CFD取引でちょっと金を買ってみました。

現在、金は1300ドルが上値になっており、なかなかそれを超えられません。しかし、下値が切り上がっており、長期景気拡大局面が動揺し始めると、1300ドルを超えていけるのではと思っています。

ただし、週足チャート上は、日足チャート同様、雲に支えられて反発していますが、月足チャート的には雲に上昇を拒まれる状態となっています。

是非、この辺はチャートでチェックしてみてください。
私は金取引にはクリック証券【CFD】を利用し、主にスマホアプリでトレードしています。
GMOクリック証券【CFD】公式ホームページ

今から株は買えないと思っている人は、是非、コモディにもトライしてみてはいかがですか?
金だけでなく、原油、大豆、コーンなど、総じて安い水準にいます。CFD取引ができると、投資の幅が広がりますよ。

GMOクリック証券、CFD口座開設+取引で2,000円プレゼントキャンペーン

期間中に新規にCFD取引口座を開設し、以下の取引条件を満たすと2,000円がもらえます。

条件      :原油のお取引 1回 + 日本225のお取引 1回
キャンペーン期間:2017年6月1日(木)~2017年8月31日(木)

既にクリック証券に証券取引口座、FX専用取引口座を開設済みの方でも、CFD取引口座が未開設であればキャンペーン対象者となれます。

コメントを残す