▼シェア&フォローする▼

日本円やドルなどの法定通貨に対し、特定の国家による価値の保証を持たない仮想通貨
2016年5月25日、仮想通貨法案が可決され、正式に「貨幣の機能」を持つと認定され、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づけられました。

この仮想通貨の中で、最も知名度・取引量ともに高いのがビットコインです。

仮想通貨=ビットコインと思っている方も多いのが実情ですが、実は、ビットコイン以外の仮想通貨が千種類以上存在するといわれており、ビットコイン以上の価格上昇を見せています。これらビットコイン以外の通貨はまとめてオルトコインと呼ばれています。

では、ビットコイン&オルトコインのチャート確認や取引が簡単にできる国内取引所はどこなのか?

それが国内取引所の中でも大手のcoincheck(コインチェック)です。
2017年5月現在、国内最多の12種類の仮想通貨を取り扱っているので、取引チャンスが広がります。

私は最初に取引量国内最大のbitFlyerに口座を用意し取引を始めましたが、他の仮想通貨にも興味が生じたため、coincheckにも口座を用意しました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

国内最多種類の仮想通貨を取り扱うcoincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、日本で一番簡単にビットコインが買える取引所を歌う取引所です。
ユーザー登録から、日本円の入金、ビットコインの購入まで最短10分で取引が開始できます。

coincheck最大の特徴

最大の特徴は、12種類の仮想通貨を扱う点で、この種類は国内最多です。
2017年5月現在、以下の通貨を取り扱っています。

下記はcoincheckの取扱通貨とその時価総額の順位をまとめたものです。
時価総額の大きい主要仮想通貨はしっかり取扱いされているので、下記通貨の取扱いがあれば、仮想通貨取引には事足りると言えます。

仮想通貨読み方時価総額
順位(5/13)
コメント
Bitcoinビットコイン1位まず始めるならこれ!
Ethereumイーサリウム2位
Rippleリップル3位
Litecoinライトコイン4位
NEMネム5位
DASHダッシュ6位
Ether Classicイーサリアム クラッシック7位
Moneroモネロ8位
Augurオーガー11位
Zcashゼットキャッシュ15位
Factomファクトム23位
Liskリスク30位

※時価総額の順位調査は、
仮想通貨時価総額ランキングが確認できるサイトCrypto-Currency Market Capitalizationsで実施

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

取引ツール、価格通知機能

取引ツール
取引はWebからでも、スマホからでも可能。
個人的にはスマホの取引画面がシンプルで分かりやすく気に入っています。

仮想通貨ごとのチャートの切り替えが非常にスムーズです。

価格通知機能
ビットコインの価格の変動を、メール、SMS、電話、プッシュ通知等でお知らせしてください。
私の場合、メール通知では他のメールと区別がつけにくく、アラートに気が付かない可能性が高いので、SMSでアラート通知するように設定しています。

仮想通貨は取引変動が激しいので、価格変動アラートは便利です!

アカウント登録方法

登録自体は、メールアドレスパスワードだけで済みます。 登録ページ
1日5万円未満の入金、3万円未満の出金の場合は本人確認書類は不要です。

上記以上の入出金には本人確認書類が必要ですが、オンラインで簡単アップロードですので、以下を用意しておけば簡単に登録できます。基本的にはこの登録を行わないと使える機能が限定されるため、最初に本人確認書類の提出も行ってしまうことをおすすめします。

提出書類

・身分証明書(免許証、パスポート、顔写真付き住基カード等)
 の表と裏の写真

・セルフィー写真(本人と顔つき身分証明書が写った写真)

例えば、免許証の場合は、免許証の表面と裏面、さらに以下のような免許証と一緒に写った写真の合計3枚が必要です。

私の場合、写真データの用意がすでにありましたので、10分かからず申し込みが完了。登録申込日中にアカウント開設完了の連絡がありました。
住所の確認のためのハガキが後日送られてきます。

bitfliyer_card01
IDと一緒のセルフ写真を用意しよう

coincheck公式ホームページ

只今、以下のキャンペーンも実施中です。お得に仮想通貨取引を始めよう!