トランプ政権の先行きを不安視して先週急落した日本株。
日足チャートではしばらくレンジ相場を続けていますが、一目均衡表の雲下限をした抜けてしまったことで、以前よりも不安感のあるチャート形状になっています。

果たしてこのまま、下落してしまうのか?

今後の方向性を見る上で興味深いレポートがあったので報告です。

日本株の下落サイクルは90日間。故、今後は上昇!?

下記は野村証券が出している毎週発行のレポート「テクニカル展望」(3月23日)からのチャートです。


2015年6月以降の日経平均日足チャートですが、下落のサイクルがおおよそ90日
直近の下落は下落幅が小さいため、チャート的には底値確認が微妙なところですが、先週の金曜日3月23日が91日目に当たります。

もし、この90日サイクルが今回も当てはまるなら先週を底に今後は次の上昇局面に入ることになります。Sell in May前にもう少し上昇してくれるといいですね。

CFDなら日経平均指数取引も、少ない資金で取引可能。
米国、ドイツ、イギリスなどの株式指数から、金、プラチナ、石油、大豆などのコモディティにも投資できるので、投資チャンスが広がります。