高金利通貨として知られるトルコリラ/円
情勢不安・経済不安などから、一方的に下落し、1月12日には30円を割って29円台をつけ、なかなか浮上できませんでしたが、2月3日、2017年1月米雇用統計の発表で少し上昇の気配を見せ始めました。

日足
時間足
 スマホアプリにも自動トレンドライン機能がありとても便利!
 

上図のように、日足チャートのMACDが上昇を始めています。時間足では、下値が切り上がり、ブレークアウトが続いていることがわかります。
合わせて、週足、月足も見てみましょう。

週足
月足
 スマホアプリにも自動トレンドライン機能がありとても便利!
 

週足チャートではトレンドの転換をかなり高い精度で示すMACDの逆行現象※(ダイバージェンス)が発生しています。
MACDの逆行現象とは、チャートの値動きとオシレーター系指標の動きが異なる現象です。今回の場合は、週足チャート上では直近まで一貫して値を下げてきましたが、MACDでは上昇傾向を示しています。

現在、トルコドル円保有中♪

私は、現在、トルコリラ円をトレード中。30円を割り込む動きが発生した以降、少しずつポジションを増加させていますが、日々、スワップ金利が貯まる速さを実感しています。

私は、取引口座としてSBIFXトレードを利用していますが、その理由はスワップ金利/必要証拠金/スプレッドのバランスが他のFX会社に比べ優れているからです。
・スワップ金利が高い ※現在67円 但し、最高ではない
・必要証拠金が小さい ※1万通貨当たり約12,000円(現在値 約30円)
・スプレッド(コスト)が小さい

SBI FXトレードの場合、10万通貨持っても証拠金は12万円でOK。
買いポジションの保持期間により、以下のスワップ金利を受け取れます。

1ヵ月では:67円×30日×10=21,000円
6ヵ月では:67円×180日×10=120,600円
1年では :67円×365日×10=244,550円

スワップ金利、やっぱり、大きいですね。この辺で反転してくれると嬉しいなぁ。

最短5分で口座開設可能!SBIFXトレード