国民年金保険料の滞納が厳しくなります。

厚生労働省と日本年金機構は、国民年金保険料の強制徴収の対象を広げる。現在は年間所得350万円以上の滞納者に実施しているが、2017年度から300万円以上にする。国民年金保険料の納付率は60%程度で低迷している。保険料の滞納に厳しく対処し、納付率の向上を狙う。

滞納が続いた人には、年金機構から文書や電話、戸別訪問などで納付がされますが、この要請にも応じない場合、所得が一定水準以上の人に対して強制徴収が行われます。

この基準が前回、課税所得400万円から350万円(かつ未納月数7カ月以上)に引き下げ。
これが、2017年からは、300万円(かつ未納月数13カ月以上)に引き下げられます。
この変更により、現在、27万人程度の強制徴収の対象者に、約9万人の該当者が加わります。

「最終催告状」に応じない場合は、「督促状」が送付され、年金機構の職員が銀行口座や有価証券、自動車などの財産を調査し、売却できないよう差し押さえられます。

年金はかけ損なのか?

年金はかけ損と考え、国民年金を支払わず、民間の個人年金に加入している人が約11%いるそうですが、果たして、ほんとにそんなのか?

答えは「NO」。
利回りを考えても、税制面を考えても、国民年金の方が得です。

理由は以下のページにまとめたので、ご確認を。