8/30より今年3回目の「水星の逆行」がスタート。不安定な相場展開に注意が必要

今月末8/30相場に注意が必要な「水星の逆行」が始まります。

2016年の水星の逆行期間

2016年01月05日~2016年01月26日
2016年04月29日~2016年05月22日
2016年08月30日~2016年09月22日
2016年12月19日~2017年01月07日

ところで、水星の逆行期間とは

太陽系の惑星は、太陽の周りを回っていますが、地球から見ると逆戻りしているように見える時期があります。この期間を「逆行期間」といい、その惑星の持つ性質がうまく機能せず、問題が起こりやすくなります。

なお、惑星のなかでも最も逆行の頻度が高いのが「水星」。1年間に約3回、約3週間に渡り逆行します。この期間は、相場は方向感がはっきりせず、不安定になりやすいといわれます。
故、短期売買に徹して、有利な方向に相場が動いている場合はすぐに手仕舞いをした方がいいといわれます。

また、思考や学習能力、コミュニケーションを司る「水星」の逆行期間には、日常生活においても、
・意思疎通がうまくいかない
・勘違い、誤解、ミスを犯しやすい
・価値観の変化が起こりやすい
などが起こりやすくなります。

故、例えば、契約を結んだり、結婚したりするのもよろしくありません。また、価値がないモノに対し、価値があることがわかることがある反面、これまで価値があると思って頑張ってきたことへの熱意が冷めたりすることがあります。

金融占星術、アノマリー関連本

占星学と独自のサイクル理論で有名といえば、レイモンド・メリマン氏。2016年6月上旬時点までの「日経平均株価、ダウ平均の各年初来安値」や「米10年国債(Tノート)利回り年初来高値」のタイミングをズバリ的中させています。

オーディオブックCD] メリマン・スペシャル~2016年後半を読む !
レイモンド・A・メリマン, 林知久, 大橋ひろこ
CD 75分 2016年6月発売
税込 6,480円(国内送料無料)

【主な収録内容】
■特集:米大統領選挙とメリマン・フォーキャスト
■2016年前半を振り返り、2016年後半を展望する
■2016年後半、注視すべき3つの重要天体位相=海王星の逆行開始、
 木星・冥王星が2回目のトライン形成、火星の逆行終了
■日経平均株価の今後のレンジと日本株の見通し
■ドル円、ドル・インデックスを中心に、外為相場の見通し
■金・原油・穀物などの相場見通し
■米大統領選挙(2016年11月投開票)の行方

フォーキャスト2016
レイモンド・A・メリマン, 秋山日揺香, 投資日報編集部
税込 8,100円(国内送料無料)

【主な収録内容】
■マンデーンアストロロジーから見た2016年の天体位相と世界経済動向
■2016年各マーケット予想と重要変化日
■米国株、日経平均株価 米国債(Tノート)
■ドル円、ユーロドル、ドルスイスフラン
■貴金属、原油、穀物相場と天候予想
■上記銘柄のジオコスミック重要変化日 他