Photo by Colin

マイナス金利の導入により、定期貯金や普通預金の金利を引下げする金融機関が続出した結果、現在の大手銀行の普通預金金利は年0.001%(税引き前)。
しかし、マイナス金利後も優遇金利を据え置いている銀行があります。

普通預金金利の現状

現在、メガバンク(東京三菱UFJ、三井住友、みずほ)、ゆうちょ銀行の普通預金金利は0.001%
以前、金利が高いと言われたネット銀行、例えば、住信SBIネット銀行、セブン銀行なども、金利が0.001%に下落しています。
これでは利息は望めません。

楽天銀行なら、金利20倍の0.02%

そんな中、高い金利を維持したままなのが、年利0.02%楽天銀行
raktenbank-interest02

大手銀行・ゆうちょ銀行の20倍の金利です。
しかし、これだけではありません。もっと、金利を上げる方法があります。

大手銀行の100倍も可能。楽天銀行 マネーブリッジ貯金

楽天銀行には、楽天証券との連携口座「マネーブリッジ」という口座があります。

このサービス利用は無料で、銀行と証券の口座間の資金移動が簡単になったり、普通預金の優遇金利サービスの利用に応じて「楽天スーパーポイント」がもらえます。

投資をしないという方も、証券口座(手数料など不要)を保有し、マネーブリッジの金利適用を受けた方が得です。
マネーブリッジ連携をすると、銀行の普通貯金金利に優遇金利が適用され、年利0.1%!これで、大手銀行の金利の100倍で預けられます。

rakutenbank-moneybredge

楽天銀行の口座は持っているけど、楽天証券口座を持っていないという場合は、楽天証券用の口座を開設することで、マネーブリッジに申込みができます。もちろん口座開設料・口座管理料は無料です。

只今、新規総合口座開設+各種お取引+エントリーで、最大110,000円相当がもらえるキャンペーンを開催しています。

私はメインのネット口座を楽天銀行にしています。
給与振込口座にしているため、他行振込手数料が毎月3回無料になっています。
詳細: 楽天銀行 他行振込手数料が毎月3回無料!

振込手数料や時間外取引でかかる手数料もバカになりません。
利息金利は高く、かつ、取引手数料が低い銀行口座を賢く利用しましょう!

コメントを残す