▼シェア&フォローする▼

2016年4月に、法律の改正により家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されます。これにより、現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになります。

携帯電話やガスなど他の商品とのセット割引や、多様な暮らし方にあわせた料金体系などの宣伝が始まっていますが、正直、自分にとって最もお得なプランを探すのは難しいのが現実。

でも大丈夫。最適な電気料金プランを探せるシミュレーションサービスがあります。

電力比較サイト「エネチェンジ」で最適電気料金プランを探そう!

電力比較サイト「エネチェンジは電力会社・料金プランを比較して、あなたに最適な電気料金プランを提示するシミュレーションサービス。国内最大級の電力比較サイトで、無料で、26の電力会社から、合計153プランを比較できます。

エネチェンジ利用方法
利用はとても簡単(約1分)。
・郵便番号
・現在の電力会社とそのプラン、および、今の電気代
・家族構成、利用時間帯、ガス契約の有無
を選んでいくだけ。   さっそく電力比較してみる

すると、オススメの電力会社・プランが表示されます。複雑なセット割やポイント付与にも対応していて、こだわりたい点で絞り込んだりできます。また、提携電力会社への契約切り替えもワンストップで実現しているので、いざ、切り替えたい!というときも便利です。

比較結果は、ポイントサービスでの絞り込みできる

比較結果は、ポイントサービスで絞り込むこともできます。これを利用すれば、節約度、さらにアップですね。

私は電気代をはじめ、ガス・水道・通信費などは毎月必ず支払いが発生する固定費をクレジットカード(リクルートカード)払いにしています。毎月、必ず支払いが発生するものですので、確実にポイント還元されます。

支払の切り替えはちょっと面倒に感じるかもしれませんが、一度、やってしまえば、引越しをしなければ何十年もお得が継続します。是非、ご検討を!

絶対持つべきおすすめクレジットカード

カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

5/1から
3.0%→
2.0%還元
 
初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 5/1から還元率が3.0⇒2.0%に変更されても、最強還元率
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
  • 【注意】公共料金・税金・iDの支払は1回あたり5万円以内のみ還元対象。ふるさと納税は対象外 詳細
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

貯まったポイントは「ポイント投資」が最強!その理由は?

私は、カード決済などでたまったポイントは、基本的に、ポイント連携する証券口座に移行し、ポイント投資します。

理由は、ポイント利用でショッピングをしてもポイントがつかない、或いは、ポイント還元率が悪いからです。

相場が急変で大きく下落したとき、買い挑むのは怖いですよね?
そんな時、ポイント投資なら、現金投資に比べて圧倒的に気軽に大胆な投資ができるというメリットもあります。

以下は、大暴落時の投信買い=2020年3月のコロナショック時に買い付けたハイリスク投信「楽天日本株4.3倍ブル」の資産状況です。+388.43%のリターン(2021年1月19日現在)になっています。


原資47,332㌽が1年もたたず23万円以上に…
さすがハイレバ商品

ポイント投資ができる連携先は以下の通りです。各社、投資家登録キャンペーンをやっているので、それを利用すればさらに投資原資が増えます!

ポイントプログラム連携金融機関
LINEポイントLINE証券
楽天ポイント楽天証券
TポイントSBIネオモバイル証券 SBI証券
Pontaポイントau PAYポイント投資
dポイント日興フロッギー
永久不滅ポイントRimple(リンプル)(不動産クラウドファンディング)
PayPayポイントPayPay証券

上記の中で、最も利用しやすく特典が大きいのは「楽天ポイント」のポイント投資!毎月の投信買付など、お得すぎるのでやらないと損です。
以下の記事にて解説をしています。