▼シェア&フォローする▼
口座準備ができていると、いざというときに少ない資金でも投資チャンスが広がるCFD

私は、例えば日経平均が数千円急落して反転するようなタイミングでCFDを活用しています。

2016年は株価下落の大荒れ相場で始まりましたが、2月の急落時に仕込んだ日本株指数CFD「日本225」の買いポジションが直近では上昇。一目均衡表の雲を超えることができず反落したので利益確定を実施し、利益を得ることができました♪

さて、同じ差金決済にも拘わらず、FXに比べ認知度の低いCFDですが、この度、私が使用してるCFD口座で、取扱銘柄が増え、ますます世界に分散した投資ができるようになったのでご紹介します。

  nikkei225d20160307
日本225 日足チャート

基礎編:はじめてのCFD CFDって何?メリットは?

CFDをご存じない方のために、まずは、CFDの紹介を。
※ご存知の方は読み飛ばしてください。

CFDとは「Contracts For Difference」の略称。
日本語訳では「差金決済取引」と呼ばれ、売買した時の利益や損失などの差額の部分だけを決済する取引です。

皆さんご存知の、 FXもCFDの一部で、「通貨ペア」に限定した取引です。CFDでは国内外の株価指数、商品、個別株など、さまざまな銘柄が取引できます。レバレッジを聞かせることで、手持ちの資金よりも大きな金額の取引ができる点は大きな魅力です。

what-is-cfd

国内取引シェアNo.1と言えばGMOクリック証券【CFD】

国内取引シェアNo.1と言えば、GMOクリック証券【CFD】です。

GMOクリック証券CFDの取扱銘柄は大きく3つに分けられます。日本株は4000銘柄以上あり、売買する銘柄を選び出すのも一苦労ですが、CFDは銘柄が適量に限定されているので、銘柄選びに膨大な時間をかける必要もありません。市場の代表銘柄の動きを効率的に確認・取引できます。

代表的な取扱銘柄
・先進国を中心とした株式指数CFD :日本225、米国30、ドイツ30、イギリス100、上海A50 etc.
・金・原油などの商品CFD     :金、銀、白金、原油、コーン、大豆
・米国・中国の外国個別株CFD   :Amazon、Apple、Facebokk、マイクロソフト、etc.

売買代金ランキング
2016年のCFD売買代金ランキングにおいては、以下の銘柄が活発に取引されています。 
(Update:2016年3月17日)

1月2月
1位日本225日本225
2位原油原油
3位米国30米国30
4位金スポット上海A50
5位米国NQ100米国NQ100
6位香港H米国S500
7位米国S500金スポット
8位ドイツ30香港H
9位上海A50ドイツ30
10位イギリス100イギリス100

便利な取扱いツール

デスクトップ、ブラウザ、モバイルから、様々な取引ツールを用いて快適な取引ができます。

私は、PCではPiatinumチャートCFD、スマホではiPhone専用アプリiclickCFDを利用しています。

PC:PiatinumチャートCFD

スマホ(iPhone):iclickCFD

なお、只今、スマホアプリからのCFD取引でもれなく1000円プレゼントキャンペーンを実施しています。
1回取引するだけで1000円もらえるので、是非、もらっておきましょう!

3/3~ GMOクリック証券、世界のレバレッジETFを含む34銘柄がCFDに追加!

2016年3月より、さらにGMOクリックCFDの利用が便利に!
以下の34銘柄が追加され、これまで以上にグローバル分散した取引ができるようになりました。

以下の国の株式指数が投資可能になっています。

  • 株価指数ETF:21銘柄 レバレッジ10倍
    ・アジア  :インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム
    ・豪州   :オーストラリア
    ・中東   :トルコ
    ・アフリカ :南アフリカ
    ・南米・北米:ブラジル、チリ、メキシコ、カナダ
    ・欧州   :ロシア、イタリア、スイス、オランダ、ベルギー、スウェーデン
  • 原油や、VIXのレバレッジETF、ETN:8銘柄 レバレッジ5倍
     原油レバ3倍ETN、原油レバ2倍ETF、天然ガスレバ3倍ETN、VIXレバ2倍ETF、
     ロシアレバ3倍ETF、中国レバ3倍ETF、新興国レバ3倍ETF、米国30レバ3倍ETF
  • 米国および世界の不動産のリートETF:5銘柄 レバレッジ5倍
     グローバル(米国除く)不動産ETF、グローバル不動産ETF、
     米国リートETF、米国リート・不動産株ETF、モーゲージ不動産ETF

世界投資が可能になった株式指数投資の豊富なバリエーション。
これだけそろっていると、各国の経済状況をチャートから読み解くことがしやすくなりますね。

是非、投資チャンスを殖やすツールとして、活用してくださいね。
詳細:GMOクリック証券【CFD】