【書評】なぜ「それ」が買われるのか? 情報爆発時代に「選ばれる」商品の法則(博報堂買物研究所 著)(★5)
▼シェア&フォローする▼

他人のお財布事情、気になりますよね。

JCBが「クレジットカードに関する総合調査 2015年度版 調査結果レポート」(2016年2月22日)を発表しています。そこからお財布事情を垣間見てみましょう。

みんなの、クレジット利用状況

レポートによると、2015年の結果は以下のようになったとか。

  • 世帯あたりの月平均生活費は17.7万円。月平均カード利用額は5.3万円。生活費の3割はカードで支払い。
    世帯あたりの月平均生活費は昨年比で1万円減少。この影響を受け、最も利用が多いクレジットカードの利用頻度・金額ともに微減しています。
  • クレジットカードの保有率は84%。平均保有枚数は3.2枚
  • 「入会金・年会費の安さ」「ポイント・マイル」など利得性が重視されている
  • カード利用が多い業種は「オンラインショッピング」、「携帯電話料金」、「スーパーマーケット」。「コンビニエンスストア」でのカード利用は増加傾向
    日常的な買い物でカードが利用されている状況が伺えます。ちなみに、「コンビニエンスストア」では2013年からカード利用が増加しているそうです。
  • 電子マネーの保有率は80%、利用率は66%
    交通系(鉄道・地下鉄・バス)、コンビニエンスストアでの利用者が多いようです。

「世帯あたりの月平均生活費が17.7万円」とは、皆さん、ビックリするほど堅実。とても散財している家計とは思えません。家計のやりくりに苦労されているということなのでしょう。

私のクレジットカード利用状況は?

私はポイント獲得と、家計簿アプリマネーフォワードでの家計簿入力を極力減らすために、可能な限り現金払いをしないことにしている一人。もちろん、コンビニでは電子マネー払いです。

そのため、月の生活費に占めるクレジットカード払い率は、調査レポート結果よりも高い40%台。ただ、月の支出割合の多い住居費、さらにジム代など、銀行振込にしか対応していないものがあるため、50%以上をカード払いにするは難しいのが現状です。残念!

これからはキャッシュレスの時代

2018~2019年に一気にきたキャッシュレス化の動き。
これからの時代、クレジットカードであれ、電子マネーであれ、QRコード決済であれ、これからはデジタルマネーを賢くやりくりできなければ賢い消費者にはなれません。

クレジットカードなどデジタルマネーは現金とちがって使いすぎるというような人は、完全に「負け組」になります。

クレカを軸に電子マネー/QRコード決済が最も効果的

現在のキャッシュレス化は、①クレジットカード、②電子マネー、③QRコード決済に大別されますが、この中で最もメインになり得るのは何でしょうか?

今、現在、支払える金額/対応場所などを考えると、メインとなり得る決済は、クレジットカード

電子マネーやQRコードは基本的に少額決済が基本です。

一方、クレジットカードは、高額品の支払いはもちろんのこと、公共料金や一部税金の支払いも可能です。利用できる場所のバリエーションはクレジットカードに勝るものはありません。

電子マネーはクレジットカードと連携させよう

電子マネーやQRコードで支払う際、店頭などでチャージせずに、この際に、引き落とし先を優遇度が高くてお得な高還元率クレジットカードに指定するのがよいでしょう。すべてとは限りませんが、お得度が増すキャンペーンが多々展開されています。

例えば、以下の様にするとお得になります。

お得にクレカ・電子マネーを使う方法

電子マネーのクレカチャージをグループのカードを第一優先にし、そのカードを保有していない場合は高還元率のメインクレジットカードを指定する
例)
PayPay:Yahoo!カード
d払い :dカードにする
nanaco:セブンカード

おすすめな高還元率クレジットカード

年会費無料ながらも高還元率かつポイント利用がしやすいカードを以下に挙げました。
還元率が1%より低いクレジットカードを使っている方は、今すぐ、乗り換えましょう!年会費無料なので「複数持ち」も気兼ねなくできます。

絶対持つべきおすすめクレジットカード

カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

5/1から
3.0%→
2.0%還元
 
初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 5/1から還元率が3.0⇒2.0%に変更されても、最強還元率
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
  • 【注意】公共料金・税金・iDの支払は1回あたり5万円以内のみ還元対象。ふるさと納税は対象外 詳細
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

貯まったポイントは「ポイント投資」が最強!その理由は?

私は、カード決済などでたまったポイントは、基本的に、ポイント連携する証券口座に移行し、ポイント投資します。

理由は、ポイント利用でショッピングをしてもポイントがつかない、或いは、ポイント還元率が悪いからです。

相場が急変で大きく下落したとき、買い挑むのは怖いですよね?
そんな時、ポイント投資なら、現金投資に比べて圧倒的に気軽に大胆な投資ができるというメリットもあります。

以下は、大暴落時の投信買い=2020年3月のコロナショック時に買い付けたハイリスク投信「楽天日本株4.3倍ブル」の資産状況です。+388.43%のリターン(2021年1月19日現在)になっています。


原資47,332㌽が1年もたたず23万円以上に…
さすがハイレバ商品

ポイント投資ができる連携先は以下の通りです。各社、投資家登録キャンペーンをやっているので、それを利用すればさらに投資原資が増えます!

ポイントプログラム連携金融機関
LINEポイントLINE証券
楽天ポイント楽天証券
TポイントSBIネオモバイル証券 SBI証券
Pontaポイントau PAYポイント投資
dポイント日興フロッギー
永久不滅ポイントRimple(リンプル)(不動産クラウドファンディング)
PayPayポイントPayPay証券

上記の中で、最も利用しやすく特典が大きいのは「楽天ポイント」のポイント投資!毎月の投信買付など、お得すぎるのでやらないと損です。
以下の記事にて解説をしています。