▼シェア&フォローする▼

黒田日銀が1/29に導入を発表した日本で初のマイナス金利。発表を受け、ドル円、クロス円は大きく上昇しました。

これにより、日経平均、日本国債金利、国債CDS(Credit default swap、クレジット・デフォルト・スワップ)はどう動いたでしょうか。今後の投資に活かすため、確認してみます。

日経チャート

まずは、日経平均の動きを押さえておきましょう。
日経平均の場合、日中の動きしかわからないので、24時間の市場の動きを織り込んでいるGMOクリック証券【CFD】:日本225のチャートで確認します。

cfd-nikkei20160131
プラチナチャート、インストール不要で見れるので使いやすいです

上記は週足チャートですが、一目均衡表の転換線まで上昇してきました。この線を超えられるかが重要ですね。

日本国債チャート

下図は、「日本国債10年物金利のチャート」。
当たり前ですが、発表当日、急激に国債金利が低下していますね。今後、どう推移していくのが注視しておきたいと思います。


source: tradingeconomics.com

日本国債CDSチャート

以下は、「JGB CDS USD SR 5Y チャート」。こちらも、大きく低下しましたね。

JGB20160129

CDS(Credit default swap、クレジット・デフォルト・スワップ)をご存知のない方のために簡単に説明すると、CDSとは債権の保険
国家破綻のリスクが高くなった!というときには国債の金利が上昇しますが、それよりも端的に破綻リスクの高まりを表すと言われ、「国家が破綻しそう!」というときに特に注目してチェックされます。CDSスプレッドは、保証料率4%(400bp)を超えると危険水準です。

以下のページにて、各国の国債金利、国債CDSがチェックできます。
  今、ヤバイ!と言われている国の破綻度チェックなどにお役立て下さい。
国家破綻リスクを端的に表す国債CDSチャート(+国債チャート)
良質な米国株式情報を無料で

モトリーフールは米国株をはじめとした株式情報が無料で得られる無料登録メディア。
米国で投資情報を発信しており、欧米の主要メディアからも高い評価を得ています。

\まずは無料エントリー🎉/
モトリーフール

長期投資の神様とも言えるバフェット氏の最新動向、米国企業の動向、有料投資先、株式の長期投資の心得など無料で発信しています。米国の株式動向は世界の株式に大きな影響を与えるので、是非とも登録し落ちしておくことをお勧めします。

おすすめ 投資用パソコン
古くて遅いパソコン・1画面表示でチャート確認に不自由してませんか?
非効率な環境を改善する、おすすめのパソコンをご紹介
つみたてNISAも対象!「クレカ積立」
銀行引落ではもったいない!クレカ引落に変更で、ポイント貯まる

SBI証券 クレカ積立スタートダッシュキャンペーン
利用のポイント解説

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

マルチモニターPCで効率的に仕事・投資をしよう!

コメントを残す