あなたはFXトレードをするとき、どんな指標・インジケーターを利用していますか?
トレンドライン、トレンド系、オシレーター系など、実に様々ありますが、自分に合った指標を見つけることが大切です。私もFXを始めたころは様々なインジケーターに手を出しました。しかし、あれこれ試しているうちは利益を出すことはできませんでした。

長くFX取引をしてきて大事だと考えるのは、限られた指標を見続け、その指標とチャートの動きの関連性をマスターすること。

ここ数年は、トレンドラインにプラスして、マーフィーこと柾木 利彦氏のスーパーボリンジャーとスパンモデルをチャート表示しています。

スパンモデルとスーパーボリンジャーとは?

スパンモデルとは、一目均衡表の雲と遅行線を用いてエントリーポイントを判断する手法。
また、ボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行線を用いてエントリーポイントを判断するスーパーボリンジャーという手法も併用したトレード手法です。

特に私がwatchしているのは一目均衡表+遅行線
一目均衡表は初心者にとっては難しい指標ですが、見続けていると、どの時間足を見てもうまく機能しているなぁと感じます。

トレンドフォロー型の指標であるため、相場がちゃぶついているときは、損切りの可能性が高くなりますが、大きなトレンドに乗り、大きな利益を獲得することができます。さらにこれに追加して、MACDを表示させています。
基本、チャート表示はこれだけ。同じ指標を使い続けるとで、無駄なエントリーが減りました。

スパンモデルとスーパーボリンジャー、どうやって学ぶ?

以下の本で学べます。