▼シェア&フォローする▼

10月は「歴史に残る大暴落が集中して起きた月」です。

法則・理論からみて異常、または説明できない事象などを称してアノマリーと呼びますが、市場では、既に説明できるようになった現象も含めて、アノマリーと呼んでいます。
9月、10月に起きた大暴落を見てみましょう。

9月・10月に起きた大暴落や世界的大事件一覧

1929年10月24日 世界大恐慌
1973年10月   第一次オイルショック
1985年09月   プラザ合意
1987年10月19日 ブラックマンデー
1992年09月   英国がユーロ導入を断念(ポンド危機、ジョージソロスに敗北)
1998年10月   ロシアデフォルト→LTCMが破綻
2001年09月11日 9.11同時多発テロ→株式市場が閉鎖→暴落
2008年09月15日 リーマンショック

9月から10月にかけて、世界中で株価が暴落しやすい理由の一つは、「欧米のヘッジファンドの多くが11月に決算月」であり、その前にポートフォリオの化粧直しをするからです。
化粧直しでファンドがホールド銘柄を売却、その下落をみて、市場の一般参加者も銘柄を手放す提灯売買が行われることで、売りが売りを呼びます。
また、過去にリーマンショックをはじめ、大きな暴落が起こった危機感があるため、市場参加者が敏感になっているが故、市場が「下落」を通り越して、市場が「暴落」「大暴落」してしまう傾向があります。

さらに、現在は、ヘッジファンド等が1秒間に数千回もの売買の発注やキャンセルを繰り返すHTF(High Frequency Trading:高頻度取引)を行っています。HTFでは、コンピュータシステムにあらかじめ組み込まれたプログラムが恐るべき高速で自動売買を執行する。この弊害で「フラッシュクラッシュ(瞬間的な暴落)」が起こることも過去に実際に起こっています。
※2010年5月 米株式市場でわずか数分間でNYダウが1000ドル近く下落

下落・暴落後に買えば、株式成績のパフォーマンスは上がる

上記の理由により、9月ぐらいから、年初来マイナスになっている銘柄は売却されやすくなります。

これは、アノマリー的には9月10月の下落後に株式を買うとパフォーマンスが上がりやすいということです。

アノマリーを学べば、パフォーマンスが上がりやすくなる

アストロロジー、サイクル論に役立つ本をまとめてみました。是非、ご参考に。