3月まで野菜の高騰に悩まされた家計ですが、4月は値上げにラッシュ
身近な食料品から電気・医療・介護まで幅広く値上げが実施され、家計への負担が続きます。

家計を直撃。1つ当たりは少額値上げでもまとまると家計を圧迫

3月から一部値上げは始まっていますが、さらに以下の通り、4月以降、原材料価格などの上昇により、各社の値上げが続きます。各家庭、無駄を省く努力が必要です!

食品関連・日用品・外食

ヨーグルト:
明治が450gパックを400gに内容量減で実質値上げ
納豆:
タカノフーズが大豆原料の高騰により、10~20円程値上げ予定
パン:
山崎製パンがレーズン高騰のため、商品の一部を値上げ/内容量を減で実質値上げ
ビール:
キリン、サントリー、サッポロ各社が業務用のビールを値上げ
ワイン:
アサヒ、サッポロ、サントリー、メルシャンなどが国産ワインの一部を5~6%値上げ
トイレットペーパー:
古紙、物流費、燃料費高騰に伴い値上げ。今後、店頭価格で10%程度上昇の可能性
牛丼:
松屋の商品の一部が10~50円値上げ
※すき家は11月に値上げ実施。吉野家は値上げ予定なし

公共料金、医療

電気料金:
4月より標準家庭で25~70円程値上げ ※東京70円程
ガス料金:
都市ガス4社(東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガス)が標準家庭で35~45円の値上げ
初診料金:
4月より初診料金が800円上乗せ

当ブログで「ヨーグルト関連記事」のアクセスが増えていた理由

ヨーグルト大好きで毎日欠かさず食べている私。本ブログでもヨーグルト記事を過去に掲載しました。
3月後半、暖かくなり始めたころから、アクセスが上昇している!と、以下の記事で記載し、皆、暖かくなってきてダイエットを考えているのかな?と書いたのですが、ヨーグルトの値上げの方が影響力があったかもしれませんね。
季節替わりで増えた過去記事アクセスに、なるほど納得

上記記事では、ヨーグルトの自家培養による節約を紹介。ヨーグルトメーカーの購入(2000円台~)が必要になりますが、機能性ヨーグルトはザクっと1カップ100円。一人分だとしても毎日食べると100円×30日=3000円ですから、簡単にヨーグルトメーカー代は資金回収できます。絶対に培養したほうが得ですよ♪

上記記事で、オススメヨーグルトメーカーなども書いているので是非チェックしてみてね。
ヨーグルトメーカー、2000円台~

コメントを残す